メニュー

お知らせ

2020.5.8 - ビオ・マルシェの畑を訪ねて

【滋賀県・垣見農園】有機とうもろこし日記③追肥・土寄せ

ビオ・マルシェの夏野菜でおなじみ、滋賀県・垣見農園の有機とうもろこし。
その生長を垣見農園にご協力いただき、毎月ご紹介しています。

前回の記事、【滋賀県・垣見農園】有機とうもろこし日記②間引き・除草・露地の畑での栽培では間引き・除草・露地の畑での栽培の様子をご紹介しました。3回目となる今回は、追肥・土寄せの様子をご紹介します。

垣見農園の圃場がある滋賀県は気温が20度を超える日もあり、すっかり暖かい季節になりました。有機とうもろこしもすくすく生長しています。今では丈が人の腰辺りまで伸び、雄穂(とうもろこしの雄花)も見ることができます。

3回目となる今回は、追肥・土寄せの様子をご紹介します。

土寄せ

「土寄せ」とは、とうもろこしの株の根元に土を盛る作業です。
土寄せは、とうもろこしが倒れるのを防ぐほか、耕運機を使うので除草の効果もあります。

追肥

「追肥」とは、作物の生長を促すため栽培中の作物に肥料を与えることです。
垣見農園では「発酵鶏糞」、「ぼかし肥料」などの肥料を主に使用しています。

「発酵鶏糞」です。
肥料の3大要素と言われる「窒素・リン酸・カリウム」をバランスよく豊富に含んでいます。畑に与えると微生物によりじっくり分解され、栄養となり作物の生長を促進します。
種を蒔く以前から畑に与え、追肥として最も多く使用している肥料です。鶏糞ですが発酵しているため臭いもさほどなく、土壌に無理なく吸収されます。

「ぼかし肥料」です。
主に米ぬかや油かすでできた肥料であり、発酵鶏糞と同様に、「窒素・リン酸・カリウム」を含んでいます。成分こそ似通っているものの、発酵鶏糞との違いはその即効性にあります。微生物に分解され、栄養として作物に吸収されるまでの時間が短いことが、ぼかし肥料の特長です。

必要以上に肥料を与えると病気の原因になったり、土壌の環境を悪化させてしまうため、それぞれの肥料は、作物と土壌の状態を見極め、適したタイミングで作物が欲する量を与えます。

垣見農園では一棟のビニールハウスに対し、1回約45kgの肥料を栽培中に計4回程度与えています。特に雌穂(とうもろこしの雌花)が付く時期は人間で例えると、お腹に赤ちゃんがいるような状態であり、実や種子に栄養を与えるためたくさんの肥料を必要とします。そのため、垣見農園ではこの時期に「ぼかし肥料」を多く与えています。
肥料は土寄せを行う前に撒き、耕運機で土壌に混ぜ込むことで畑に無理なく吸収されます。ビニールハウス内でも場所によって気温が違い、生長にも差が生まれるため、日々の観察と調整が欠かせません。

畑全体の様子

3月下旬の様子

4月上旬の様子

5月上旬の様子

次回は、【滋賀県・垣見農園】有機とうもろこし日記④受粉・害虫と益虫です。

お知らせカテゴリ一覧

NEWS

NEWS

オーガニックって何?

オーガニックって何?

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

季節の手仕事

季節の手仕事

Biomamaclub

Biomamaclub

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

RECIPE|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

よくわかる ビオ・マルシェの宅配サービス

よくわかる ビオ・マルシェの宅配サービス

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

味噌づくり教室

味噌づくり教室

オーガニックライブ2020

オーガニックライブ2020

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

マルシェ情報

マルシェ情報

畑イベント

畑イベント

プレスリリース

プレスリリース