メニュー

忙しい普段の生活や役割からすこし離れ、ひとりになってみる。

自然のハーブや花、木の実やアロマの香りが広がり、陽の光が注ぐアットホームな空間。
時間を忘れ、無心になってハンドクラフトに集中する「わたしのため」の時間。

毎日の習慣に取り入れることで、暮らしがすこし変化する。

「ビオママクラブ」は、オーガニックな暮らしを送るママのためのコミュニティです。


Story

「こどものため」を考えるママに
「わたしのため」を
考えるきっかけの場所と時間を。

出産・育児をきっかけに、自分を取りまく環境が大きく変化する女性たち。はじめての出産と育児、夫や家族、ママ友との関係、料理や家事・・・

わたし自身も、子どもが産まれたばかりの頃は、母親、妻、主婦、職場・・いくつもの役割を演じるなかで、自分自身を見失い、まわりから取り残されて行くような不安を感じてしまうことがよくありました。

そんななか、不調と不安をかかえながら訪れた助産院の産後ケアで、親でも夫でもない助産師さんが、わたしの肩に優しく手を当てて、何気なくかけてくれた「大丈夫よ!」の一言。こわばっていた気持ちが一気に緩み、涙が込み上げてきたあの瞬間。

私は助産師にはなれないけれど、同じ経験をしているからこそ、お互いの気持ちに寄り添い、悩みを打ち明け相談したり、笑いあえる場所をつくりたい。ママを大切にすることは、未来の子どもたちを大切にすること。そんな想いから2013年にbiomamaclubを始めました。

都会にいながらも、アットホームで静かで落ち着いたリラックスのできる空間と、「オーガニックだな」と感じるモノやヒトを選び、講師と一緒にbiomamaclubオリジナルのワークショップを企画しています。

ハンドクラフトに集中した後には、オーガニックのお料理を一緒にいただきながらおしゃべりを楽しんでいます。

友達の家の「お茶の時間」に招待されたような気軽な気持ちで、足を運んでいただければ幸いです。(Instagramでは、「オーガニックな暮らし」に役立つ本や、アイデアをお届けしています。)

Biomamaclub コーディネーター
岩井 桃子


Archive

過去に開催したワークショップの記録です。

Vol.31「わたしにもどる時間と香り~A Little Ritual For Myself」(candra 稲垣明子さん)2017.7

Vol.30「Anniversary Concert~ママのための子守歌(piano大木隆美子さん)、ママのためのうるおいのある身体づくり(beborn助産院たつのゆりこ先生)2017.4

vol.29「毎朝のまあるいパンとスープ~地粉でつくる天然酵母のビーガンパン」(高橋美幸さん)2017.2

vol.28「グリーンクリスマスリースづくり」(cotito前山真吾さん)2016.11


Instagram

ママの「オーガニックな暮らし」に役立つ本や料理、手作りおやつを紹介しています。

2018.08.12
UPDATE

2018.08.05
UPDATE

2018.08.05
UPDATE

2018.07.29
UPDATE

2018.07.29
UPDATE

2018.07.24
UPDATE


Contact

biomamaclubへのお問合せやワークショップ参加の申込等はこちらまでご連絡ください。


Facebook