メニュー

忙しい普段の生活や役割からすこし離れ、ひとりになってみる。

自然のハーブや花、木の実やアロマの香りが広がり、陽の光が注ぐアットホームな空間。
時間を忘れ、無心になってハンドクラフトに集中する「わたしのため」の時間。

毎日の習慣に取り入れることで、暮らしがすこし変化する。

「ビオママクラブ」は、オーガニックな暮らしを送るママのためのコミュニティです。


Story

「こどものため」を考えるママに
「わたしのため」を
考えるきっかけの場所と時間を。

出産・育児をきっかけに、自分を取りまく環境が大きく変化する女性たち。はじめての出産と育児、夫や家族、ママ友との関係、料理や家事・・・

わたし自身も、子どもが産まれたばかりの頃は、母親、妻、主婦、職場・・いくつもの役割を演じるなかで、自分自身を見失い、まわりから取り残されて行くような不安を感じてしまうことがよくありました。

そんななか、不調と不安をかかえながら訪れた助産院の産後ケアで、親でも夫でもない助産師さんが、わたしの肩に優しく手を当てて、何気なくかけてくれた「大丈夫よ!」の一言。こわばっていた気持ちが一気に緩み、涙が込み上げてきたあの瞬間。

私は助産師にはなれないけれど、同じ経験をしているからこそ、お互いの気持ちに寄り添い、悩みを打ち明け相談したり、笑いあえる場所をつくりたい。ママを大切にすることは、未来の子どもたちを大切にすること。そんな想いから2013年にbiomamaclubを始めました。

都会にいながらも、アットホームで静かで落ち着いたリラックスのできる空間と、「オーガニックだな」と感じるモノやヒトを選び、講師と一緒にbiomamaclubオリジナルのワークショップを企画しています。

ハンドクラフトに集中した後には、オーガニックのお料理を一緒にいただきながらおしゃべりを楽しんでいます。

友達の家の「お茶の時間」に招待されたような気軽な気持ちで、足を運んでいただければ幸いです。(Instagramでは、「オーガニックな暮らし」に役立つ本や、アイデアをお届けしています。)

Biomamaclub コーディネーター
岩井 桃子


Archive

過去に開催したワークショップの記録です。

Vol.31「わたしにもどる時間と香り~A Little Ritual For Myself」(candra 稲垣明子さん)2017.7

Vol.30「Anniversary Concert~ママのための子守歌(piano大木隆美子さん)、ママのためのうるおいのある身体づくり(beborn助産院たつのゆりこ先生)2017.4

vol.29「毎朝のまあるいパンとスープ~地粉でつくる天然酵母のビーガンパン」(高橋美幸さん)2017.2

vol.28「グリーンクリスマスリースづくり」(cotito前山真吾さん)2016.11


Instagram

ママの「オーガニックな暮らし」に役立つ本や料理、手作りおやつを紹介しています。

子どもとの暮らしは、たくさんの私との出会い。・ビオママの本棚 152:「そんなふう」は写真家・川内倫子さんの写真・エッセイ集。産まれたばかりの一人娘との暮らしを、夢のような光を湛えた写真と静かな文章で綴ります。・初めての出産、育児。ごくふつうの毎日のなか、輝く生命とともに巡る季節。すくすくと成長する子どもを眺めていると、瑞々しい喜びとともに、流れていく時の儚さをひしひしと感じもする。何気なく過ぎていくけど、かけがえのない日々。・子どもとの暮らしは、たくさんの私との出会いをくれます。お絵かきの時間にどうしても絵が描けなかった幼稚園児の私。毎日自分を持て余し、鬱々とした20代の私。そして、かつての私を静かに振り返り、日記に記していく時間。それは、ずっと抱えていた心のわだかまりが、優しい光に包まれて昇華してゆく時間でもあります。・生命への慈しみに満ちた、すっと澄んだ気持ちになれる一冊です。子どもを産み育てることはママの感受性を開き、鮮やかな感情をよみがえらせてくれる。そんなことにも気づかせてくれます。・★★ビオママの本棚・・・ビオママクラブおすすめの「オーガニックな暮らし」に役立つ本を紹介しています。ささやかながら、毎日育児や家事・仕事にがんばるママの力になれたら。そんな願いをこめて、本を選んでいます。・#子育て日記 #川内倫子 #fasu_jp #ナナロク社#biomamaclub #ビオママクラブ#ブックレビュー #読書記録 #ビオママの本棚 #ビオママの本棚152


UPDATE

嫌いという感情も、愛おしい私の一部。・ビオママの本棚 151:「エレンの日記 2001⁻2005」は、90年代初頭にファッション・カルチャー誌「purple」を刊行、編集長をつとめた写真家エレン・フライスによる日記。・地元パリ、東京、ニューヨーク、ブリュッセル、アルメニア、リオ。カルチャー誌の編集者として、世界中を旅するエレン。美を求めるなかで出会ったアート、建築、自然、料理、人々、たわいもない出来事。感情が動いた瞬間をカメラで捉えるように、率直な文章に綴っていきます。・私の好きなもの___3匹の飼い猫、ブラックジャック、スペインのイベリコハム、キム・ゴードン、川久保玲、8月のパリ(ヴァカンスで空っぽ)、本屋(街に思い出と息吹を与える)、歴史や伝統と繋がった場所、狂気すれすれの人間、会話の間の沈黙。・私の嫌いなもの___パリ16区、クリスマス、プロの男性モデル、撮影されること、ジャーナリスト語調(ありもしない客観性)、マーケティング(誰かの欲求を探すばかり)、テレビ(野蛮、多くの嘘)。・自分の仕事を愛し、愛をもって仕事にのぞみ、一緒に働く人を愛する。商業主義を嫌い、自分の感性を信じ、常に個人的な視点にもとづく真実を追い求める。そんな彼女の哲学に、私たちも自分をありのままに表現する勇気をもらえます。・好きと同じだけ、「嫌い」という感情も愛おしい私の一部。全てを愛し、ありのままの私を日記に綴ってみる。きっと、忘れていた鮮やかな感情がよみがえってきます。・★★ビオママの本棚・・・ビオママクラブおすすめの「オーガニックな暮らし」に役立つ本を紹介しています。ささやかながら、毎日育児や家事・仕事にがんばるママの力になれたら。そんな願いをこめて、本を選んでいます。・#エレンフライス #エレンの日記 #アダチプレス #eleinfleiss#biomamaclub #ビオママクラブ


UPDATE

クレープシュゼット〜有機ブラッドオレンジソース・週末のこと、久しぶりに娘とクレープを作りました。クレープに合わせたのは、先週作った有機ブラッドオレンジソースです。・不安なニュースに振り回されて、学校や習い事が突然なくなり、いつもの生活が一変。大好きなお友達や先生、学校へ行けなくなることがこんなに疲れるなんて・・と早々に不満を漏らしていた娘。・この時期を、少しでもポジティブに過ごせるよう、あれこれ工夫をしてながら過ごしています。・とはいえ、暮らしがシンプルになり、家族と接する時間が増えたことは、決してマイナス面ばかりではないと感じます。・こうして一緒にクレープづくりに集中して、おやつの時間をゆっくり楽しめるのも久しぶりです。クレープの生地をフライパンに注ぎ、きれいに焼けて上達してくると、とても嬉しそう。次々にクレープを焼いています。・出来上がった焼きたてホカホカのクレープに、有機オレンジソースとサワークリームをのせて、妹や子どもたちと一緒におやつの時間を楽しみました。美味しいと褒めてもらえて、いつもの日常を少し取り戻せた気がしました。🕊・ #クレープシュゼット #ブラッドオレンジソース #オレンジソース #有機ブラッドオレンジ #手づくりおやつ #子ども #育ち合う #子どものいる生活 #biomamaclub #ビオママクラブ #オーガニック #オーガニックライフ #オーガニックレシピ #シンプルライフ #ていねいに暮らす


UPDATE

📚「ビオママクラブ おすすめの料理本10選」の記事を公開しました。・・ビオママの本棚から、お気に入りの料理本をピックアップしました。シングル盤をまとめたアルバムという感じでしょうか。新しい写真と、ちょこっとリライトもしてます。ぜひ、読んでみてくださいね。・「ビオママクラブ おすすめの料理本10選」の記事はこちらから・https://biomarche.jp/info/29207・#ミモザの日 #ビオママの本棚 #biomamaclub料理本 #ビオマルシェ #料理書 #料理本 #レシピ本#ブックレビュー #読書記録 #organiclife #野菜のだしで作るベジタブルスープ #樋口正樹 #HITOTEMAのひとてま #谷尻直子#ひふみのおやつ #松長絵菜 #季節の果実をめぐる114の愛で方食べ方 #中川たま#INTHEKITCHEN #山本祐布子#花と料理 #平井かずみさん #渡辺有子#台所にこの道具 #宮本しばに#シンプルな一皿を究める丁寧はかんたん #ウーウェン#白崎裕子の必要最小限レシピ #白崎裕子#料理書のデザイン


UPDATE

×cotito🌲「冬をたのしむグリーンのクリスマスリースづくり」を開催しました。・ビオママクラブでは、毎年恒例のクリスマスリースづくりを開催しました。講師は、西荻窪にある‘花とお菓子のお店’cotito(コチト)の前山真吾さんです。・毎年変わるリース作りのテーマ、今年は「グリーンと白」です。使用した植物は、ヒバ系のサルフレアやコルムナリス、白い小さなドライフラワーのフィリカやナンキンハゼなど9種類。・ワークショップでは、ヒバ系植物のフレッシュな香りが漂うなか、植物に触れて、無心でリースづくりを楽しんでいただきました。・当日の様子は、biomamaclubのウェブサイトから、ご覧いただけます。https://biomarche.jp/info/25989・・・ここ最近の楽しみといえば、家に帰り、部屋の中に飾った手づくりのリースを眺めながらお茶を飲むこと。忙しい、毎日の暮らしの中に、静けさと自分自身を取り戻す時間が生まれます。・#冬をたのしむグリーンのクリスマスリースづくり#クリスマスリース #クリスマスリースづくり #ワークショップ#cotito #ふたつの木 #吉祥寺#フラワーアレンジメント#オーガニック #オーガニックライフ #私にもどる時間 #シンプルな幸せ#シンプルライフ#丁寧な暮らし#オーガニックな子育て #育児 #こども #ビオマルシェの宅配 #有機 #organic #bio #biomamaclub


UPDATE

🎄【ワークショップ】cotito × biomamaclub「冬をたのしむ グリーンのクリスマスリースづくり」(吉祥寺)を開催します。・2014年以来、毎年開催しているビオママクラブのクリスマスリースづくり。花材選びや、リースづくりのアドバイスをいただくのは、西荻窪にある 花とお菓子のお店 cotito(コチト)の前山真吾さんです。・今年のテーマは「グリーンと白」のリースです。ヒバ系の植物や針葉樹、ユーカリなどのグリーンの植物をベースに、白い花や実をアクセントに、自分の感性の赴くままにリースづくりをしてみませんか?・リースは、クリスマスを過ぎても飾っておけて、しばらく良い香りが続きます。玄関やドアなどに飾った後は、リビングや寝室で香りも一緒に楽しむのも良いですね。・フラワーアレンジメントやリースづくりが初めての方、赤ちゃんやお子様連れでもご心配いりません。(靴を脱いで上がれる会場です)・▽詳しくはウェブサイトをご覧くださいhttps://biomarche.jp/info/24468・日時|2019年11月19日(火)①10:00~12:30 ②13:30~16:00場所|ふたつの木 東京都武蔵野市吉祥寺本町4-6-10 吉祥寺駅から徒歩約10分講師|前山 真吾さん cotito定員|各6名参加費|ビオ・マルシェの宅配会員5,000円 / 一般の方:5,500円 ※オーガニックスイーツ、ドリンク付持ち物|とくにありませんその他|当日の連絡先 担当:岩井 070-6456-6536 【お申し込み方法】■ダイレクトメール、メールまたはお電話にて[参加者氏名、参加人数、時間①か②、当日連絡が取れる連絡先]をお知らせください。■申し込み・問い合わせビオ・マルシェの宅配 Mail:info.ebio@biomarche.jp / Tel :0120-06-1438 (平日・祝日を含む9~18:00 )■キャンセルは3日前までにご連絡をお願いします。(それ以降のキャンセルは、参加費の半額のキャンセル料が発生いたします。)・#クリスマスリースづくり #クリスマスリース #cotito #ふたつの木 #吉祥寺 #ワークショップ #フラワーアレンジメント #木の実 #オーガニック #オーガニックライフ #植物のある暮らし#シンプルライフ#ていねいな暮らし#オーガニックな子育て #育児 #こども #ビオマルシェの宅配 #有機 #organic #bio #biomamaclub


UPDATE


Contact

biomamaclubへのお問合せやワークショップ参加の申込等はこちらまでご連絡ください。


Facebook