メニュー

忙しい普段の生活や役割からすこし離れ、ひとりになってみる。

自然のハーブや花、木の実やアロマの香りが広がり、陽の光が注ぐアットホームな空間。
時間を忘れ、無心になってハンドクラフトに集中する「わたしのため」の時間。

毎日の習慣に取り入れることで、暮らしがすこし変化する。

「ビオママクラブ」は、オーガニックな暮らしを送るママのためのコミュニティです。


Story

「こどものため」を考えるママに
「わたしのため」を
考えるきっかけの場所と時間を。

出産・育児をきっかけに、自分を取りまく環境が大きく変化する女性たち。はじめての出産と育児、夫や家族、ママ友との関係、料理や家事・・・

わたし自身も、子どもが産まれたばかりの頃は、母親、妻、主婦、職場・・いくつもの役割を演じるなかで、自分自身を見失い、まわりから取り残されて行くような不安を感じてしまうことがよくありました。

そんななか、不調と不安をかかえながら訪れた助産院の産後ケアで、親でも夫でもない助産師さんが、わたしの肩に優しく手を当てて、何気なくかけてくれた「大丈夫よ!」の一言。こわばっていた気持ちが一気に緩み、涙が込み上げてきたあの瞬間。

私は助産師にはなれないけれど、同じ経験をしているからこそ、お互いの気持ちに寄り添い、悩みを打ち明け相談したり、笑いあえる場所をつくりたい。ママを大切にすることは、未来の子どもたちを大切にすること。そんな想いから2013年にbiomamaclubを始めました。

都会にいながらも、アットホームで静かで落ち着いたリラックスのできる空間と、「オーガニックだな」と感じるモノやヒトを選び、講師と一緒にbiomamaclubオリジナルのワークショップを企画しています。

ハンドクラフトに集中した後には、オーガニックのお料理を一緒にいただきながらおしゃべりを楽しんでいます。

友達の家の「お茶の時間」に招待されたような気軽な気持ちで、足を運んでいただければ幸いです。(Instagramでは、「オーガニックな暮らし」に役立つ本や、アイデアをお届けしています。)

Biomamaclub コーディネーター
岩井 桃子


Archive

過去に開催したワークショップの記録です。

Vol.31「わたしにもどる時間と香り~A Little Ritual For Myself」(candra 稲垣明子さん)2017.7

Vol.30「Anniversary Concert~ママのための子守歌(piano大木隆美子さん)、ママのためのうるおいのある身体づくり(beborn助産院たつのゆりこ先生)2017.4

vol.29「毎朝のまあるいパンとスープ~地粉でつくる天然酵母のビーガンパン」(高橋美幸さん)2017.2

vol.28「グリーンクリスマスリースづくり」(cotito前山真吾さん)2016.11


Instagram

ママの「オーガニックな暮らし」に役立つ本や料理、手作りおやつを紹介しています。

🎄【ワークショップ】cotito × biomamaclub「冬をたのしむ グリーンのクリスマスリースづくり」(吉祥寺)を開催します。・2014年以来、毎年開催しているビオママクラブのクリスマスリースづくり。花材選びや、リースづくりのアドバイスをいただくのは、西荻窪にある 花とお菓子のお店 cotito(コチト)の前山真吾さんです。・今年のテーマは「グリーンと白」のリースです。ヒバ系の植物や針葉樹、ユーカリなどのグリーンの植物をベースに、白い花や実をアクセントに、自分の感性の赴くままにリースづくりをしてみませんか?・リースは、クリスマスを過ぎても飾っておけて、しばらく良い香りが続きます。玄関やドアなどに飾った後は、リビングや寝室で香りも一緒に楽しむのも良いですね。・フラワーアレンジメントやリースづくりが初めての方、赤ちゃんやお子様連れでもご心配いりません。(靴を脱いで上がれる会場です)・▽詳しくはウェブサイトをご覧くださいhttps://biomarche.jp/info/24468・日時|2019年11月19日(火)①10:00~12:30 ②13:30~16:00場所|ふたつの木 東京都武蔵野市吉祥寺本町4-6-10 吉祥寺駅から徒歩約10分講師|前山 真吾さん cotito定員|各6名参加費|ビオ・マルシェの宅配会員5,000円 / 一般の方:5,500円 ※オーガニックスイーツ、ドリンク付持ち物|とくにありませんその他|当日の連絡先 担当:岩井 070-6456-6536 【お申し込み方法】■ダイレクトメール、メールまたはお電話にて[参加者氏名、参加人数、時間①か②、当日連絡が取れる連絡先]をお知らせください。■申し込み・問い合わせビオ・マルシェの宅配 Mail:info.ebio@biomarche.jp / Tel :0120-06-1438 (平日・祝日を含む9~18:00 )■キャンセルは3日前までにご連絡をお願いします。(それ以降のキャンセルは、参加費の半額のキャンセル料が発生いたします。)・#クリスマスリースづくり #クリスマスリース #cotito #ふたつの木 #吉祥寺 #ワークショップ #フラワーアレンジメント #木の実 #オーガニック #オーガニックライフ #植物のある暮らし#シンプルライフ#ていねいな暮らし#オーガニックな子育て #育児 #こども #ビオマルシェの宅配 #有機 #organic #bio #biomamaclub


UPDATE

ビオママの本棚 連載終了のお知らせ・ビオママの本棚の連載は、今回150回目をもって終了いたします。これまでお読みいただき、ありがとうございました。・これまで紹介した150冊の本が、家事や育児に毎日がんばるママを癒し、元気づけることができていたら。そして、いつも「子どものため」を考えて、「私のため」を忘れがちなママが、自分自身に目を向けるきっかけになっていたら、とても、嬉しいです。・感想や励ましのメッセージを頂いた皆様、本当にありがとうございました。本の良さを伝える言葉がまるで出てこなくて途方に暮れたときも、皆様のメッセージに支えられて、約3年間、なんとか毎週休まず続けることができました。・ありがとうございました。また、いつか、どこかで。#ビオママクラブ  #ビオママの本棚  #biomamaclub


UPDATE

「美しい自然を守っていくのは、生きものへのまなざし。」・ビオママの本棚 150:「日本人にとって自然とは何か」(宇根 豊 著)は、日本人独特の自然観をめぐるエッセイ。「自然」という言葉の変遷をたどりつつ、「わたしたちはなぜ自然に惹かれるのか」、百姓の目線から解き明かします。・たくさんの生きものがいる田んぼ。我を忘れて、田植え田まわり稲刈りの日々。生きものと触れる毎日を積み重ねるなかで、日本の百姓は、自らも自然の一部になる「内からのまなざし」を無意識のうちに育てていきました。・やがて、自然を突き放して対象として眺める「外からのまなざし」が広まります。いつしか、自然は克服し保護するものとして、人間にとっての利用価値で測られるようになります。そんな「内から外へ」と自然観が変化するきっかけは、明治時代に作られた「自然=nature」という翻訳語でした。・身の回りのありふれた自然に目を向け、名前を呼びかけ、その美しさを感じる時間を積み重ねていく。そんなふうに「内からのまなざし」を育んでいくことが、人間と自然の関係を癒やすはず。そんな百姓のメッセージは、都会に住む私たちが心豊かに生きるヒントをくれます。・自然への感謝と慎みの気持ち、受け身になって耳を傾けること___百姓の感性には、子育てに通じることがたくさんあります。・★★ビオママの本棚・・・毎週一冊、ビオママクラブおすすめの「オーガニックな暮らし」に役立つ本を紹介しています。ささやかながら、毎日育児や家事・仕事にがんばるママの力になれたら。そんな願いをこめて、本を選んでいます。・#宇根豊 #農的暮らし #エコロジー #日本人にとって自然とはなにか #農業好き #農業#biomamaclub #ビオママクラブ#ブックレビュー #読書記録 #ビオママの本棚 #ビオママの本棚150


UPDATE

「美しさの秘訣は、母から娘に引き継がれる愛情。」・ビオママの本棚 149:「ジャムウの物語 インドネシアに伝わる美と健康の物語」は、インドネシアで1000年以上も人々に愛されている薬用植物の調合品「ジャムウ」の本。ジャカルタでジャムウ・カフェ「スウェ・オラ・ジャムウ」を運営し、世界中でジャムウの普及に取り組むノファさんが案内します。・全世界で4万種類ある熱帯性植物のうち4分の3があり、世界で三番目に生物多様性が高い国インドネシア。その豊かな自然の恵みから作られたジャムウは、王妃・王女の健康・美容のための秘薬として始まり、やがて庶民の文化として広く根づいていきました。・頭が痛いときは、レモングラスとシナモンでつくる「ウエダン・ジャヘ」。働き過ぎてだるいときは、タマリンドとココナッツ・シュガーで「ウェダン・アサムジャワ」。デトックスには、タマリンドとビーツで「ブラッディ・タマリンド」。お家で手作りできるジャムウには、女性特有の不調に役立つレシピがいっぱい。・インドネシアでは、ジャムウを作り、売るのはすべて女性。お腹の中にいるときから幼少期、思春期、大人まで、それぞれの時期に合わせたジャムウレシピがあります。それは母から娘へ愛情をもって受け継がれ、インドネシア女性の健康と美しさを創り続けてきました。・”インドネシアのアーユルヴェーダ”とも言われるジャムウの奥深い世界をもっと知りたくなる本。インドネシア人イラストレータによる、ちょっとレトロなイラストもかわいいです。身近な材料で作れるレシピもいくつかあります。・★★ビオママの本棚・・・毎週一冊、ビオママクラブおすすめの「オーガニックな暮らし」に役立つ本を紹介しています。ささやかながら、毎日育児や家事・仕事にがんばるママの力になれたら。そんな願いをこめて、本を選んでいます。・#ジャムウの物語 #jamu #ジャムウ #suweorajamu  #インドネシア #インドネシアのアーユルヴェーダ #アーユルヴェーダ #フレグランスジャーナル#biomamaclub #ビオママクラブ#ブックレビュー #読書記録 #ビオママの本棚 #ビオママの本棚149


UPDATE

「誰もが自分だけの静けさを持っている。」・ビオママの本棚 148:「静寂とは」(アーリング・カッゲ 著)は、世界で初めて三極点(南極点、北極点、エベレスト)に到達した冒険家による、静けさをめぐるエッセイ。静寂とは何か、静寂はどこにあるのか、なぜ今、静寂が重要なのかを問いかけます。・世界で一番静かな場所、南極大陸。たったひとりで、極点目指して歩き続ける日々。氷点下五十度のなか、徐々に失われていく感覚。世界最大の不毛の地の、見渡す限り白い世界。完全な沈黙のなかで、冒険家は世界の一部になっていきます。・あらゆる物事がめまぐるしく変わる、騒音に溢れた都会。眠って、起き、メッセージをチェックして、朝食をとり、仕事をして____絶え間なく動き続ける、自動操縦の毎日。人々は、まるで、静寂がもたらす孤独や退屈、そして自分自身と向き合うことを恐れているよう。・都会では、静けさは自分でつくりだすもの。そのために大事なのは、考えすぎるより経験すること。自分で目標を決め、ゆっくり取り組むこと。子どものような好奇心で、恐れずに静寂のなかに飛び込んでみること。その先には、きっと、忘れていた自分自身との出会いが見つかります。・めまぐるしい毎日の中、自分自身を取り戻すためのヒントが得られる本。お皿を洗っているとき、夢中で遊ぶ子どもを眺めているとき、編み物をしているとき、本を読んでいるとき・・・静けさは、毎日の暮らしの意外なところに潜んでいます。・★★ビオママの本棚・・・毎週一冊、ビオママクラブおすすめの「オーガニックな暮らし」に役立つ本を紹介しています。ささやかながら、毎日育児や家事・仕事にがんばるママの力になれたら。そんな願いをこめて、本を選んでいます。・#静寂とは #アーリングカッゲ #アウトドア#冒険家 #静けさ #マインドフルネス #瞑想 #biomamaclub #ビオママクラブ#ブックレビュー #読書記録 #ビオママの本棚 #ビオママの本棚148


UPDATE

「美味しい料理は、たくさんのつながりから生まれる。」・ビオママの本棚 147:「Plant-based Tokyo 東京ベジ帖」(中村 桃子 著)は、東京都区内(と、ちょっと湘南)にある「プラントベース」な料理店のガイドブック&写真集。・「プラントベース」とは、野菜中心の暮らし。固定種の野菜をはじめとした身体に優しい食材を使った、愛情たっぷりの料理。店主の自宅に招かれたような、寛いだ空間。プラントベースの料理店は、忙しない都会暮らしのなかで、ゆったりと自分をチャージする時間をくれます。・玄米や味噌、小豆など日本の伝統食材を使いながら、エスニックや薬膳などの異文化を自由に融合したオリジナルの野菜料理。新世代シェフたちが作る個性的なヴィーガン料理は、ストイックなイメージを覆す、ワクワクするような楽しさに満ちています。・プラントベースの料理は、大地の恵みを通じて、私たちと自然のつながりを取り戻してくれます。それはまた、たくさんの仲間との縁をつなぎ、さらには、自分自身とのつながりも思い出させてくれます。・日本にも、独自のヴィーガン文化がしっかりと根づいてきていることが感じられる一冊。長年お世話になっているnanadecor KITCHENさんを始め、ビオママクラブお気に入りの店もいっぱいありました。・★★ビオママの本棚・・・毎週一冊、ビオママクラブおすすめの「オーガニックな暮らし」に役立つ本を紹介しています。ささやかながら、毎日育児や家事・仕事にがんばるママの力になれたら。そんな願いをこめて、本を選んでいます。・#plantbasetokyo #中村桃子 #濱津和貴 #東京ベジ帖#ヴィーガン #vegan  #ベジタリアン#biomamaclub #ビオママクラブ#ブックレビュー #読書記録 #ビオママの本棚 #ビオママの本棚147


UPDATE


Contact

biomamaclubへのお問合せやワークショップ参加の申込等はこちらまでご連絡ください。


Facebook