メニュー

SDGs(持続可能な開発目標)への取り組みについて

ビオ・マーケットは、1983年の創業以来、約40年に渡り、「有機農業を広げていくことが、自然環境に配慮した持続可能な社会をつくり、食べる人々の豊かな暮らしをつくる」という想いをもって事業に取り組んできました。

私たちが取り組んでいる有機農業の普及そのものが、いま世界中で取り組みが進んでいるSDGs(持続可能な開発目標)へ貢献できると考えています。私たちは、これからもお客様と生産者と共に支え合い、有機農業の普及に取り組んでまいります。

ビオ・マーケットの取り組みとSDGs

有機農業は、自然との調和を大切にする農業です。農業生産による環境への負荷をできる限り低減し、環境や多様性に富む生きものとの調和性を大切にしています。

例えば、有機農業においては、化学肥料に頼らず、山林の落ち葉などの自然資源をできる限り活用しています。その結果、土壌や河川、地下水、海洋の汚染の抑制や、生きものの多様性保全効果が高まると言われています。このような取り組みは作業に手間がかかるため、生産者のこまやかな努力があってこそ成り立っているものです。

有機農業の普及に対する取り組み

(1)有機農業の生産者支援・品質向上の取り組み

新規就農者・有機JAS取得生産者の支援、定期的な合同会議等の実施による生産者の情報交換の機会を提供しています。また、生産者・メーカーへの訪問等による品質向上の取り組み、有機JAS認証認定事業者としての技術基準の継続も行っています。

(2)取扱商品へのこだわり

ビオ・マーケットのブランド「ビオ・マルシェ」では、生物の多様性と豊かな自然環境、そして伝統的な食文化を尊重する、有機農業の理念に基づいた、独自の「ビオ・マルシェの商品取扱い指針」を設けています。有機JAS制度に基づく有機農産物・有機畜産物・有機加工食品をはじめ、水産品は環境の保全に配慮し日本の沿岸漁業を支援できるもの、生活雑貨は持続可能な社会につながるライフスタイルをサポートするものを取り扱いの基本としています。

(3)お客様と生産者をつなぐ機会の提供

田植え、稲刈りなどのイベントを定期的に開催し、お客様が有機農業に触れる機会を提供しています。

(4)産学連携の推進

大学・高校での講演会や生産者への訪問イベントを開催しています。

(5)その他の取り組み

食育につながる活動として、京阪神エリアの小学校や日本全国の幼稚園・保育園において、給食での有機農産物の利用を推進しています。 有機野菜を食べることを通じ、より多くの子供たちが環境保全を意識し、豊かな未来を担う一員になっていただけるよう取り組んでいます。

また、検品時に小さな傷などが見つかった野菜について、有効活用いただける取引先へ提供するなど、フードロス削減に向けても取り組んでいます。

関連する主なSDGs目標

  • 飢餓をゼロに
  • すべての人に健康と福祉を
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • つくる責任 つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう