メニュー

有機煎茶・有機ほうじ煎茶・有機和紅茶(ティーバッグ)

製造者
  • 月ヶ瀬健康茶園
販売者
  • ビオ・マーケット
原材料
有機煎茶(有機栽培緑茶(奈良県)) 、有機ほうじ煎茶(有機栽培緑茶(奈良県))、有機和紅茶(有機栽培紅茶(奈良県))

商品説明

紐なしのティーバッグタイプのお茶です。煎茶、ほうじ煎茶、和紅茶の3種類です。水出しもできるので、お湯を温める手間もかかりません。いつでもどこでも手軽に美味しいお茶を楽しんでいただけます。ビオ・マルシェ オリジナル商品。

ティーバッグを入れっぱなしでも美味しいから、マイボトルにぴったり!

茶葉の栽培・製造は、創業1984年の奈良県「月ヶ瀬健康茶園」に依頼しました。
月ヶ瀬健康茶園は、「朝はぐっと冷え込み、日中は気温が上がる」山間地特有のリズムを活かして、美味しい茶葉を栽培しています。管理する茶園の数は40以上あり、土質や日当たりなど、それぞれの茶園の生育環境に合う品種の茶葉を選定し、製茶します。

3種類のお茶には、数多くある茶園の中から、ティーバッグに向いた茶葉を厳選しました。雑味が少ないので、ティーバッグをマグカップやマイボトルに入れたままでも最後まで美味しく飲んでいただけます。

えぐみや苦みの少ない、優しい甘みの茶葉を求めて~炭素循環農法~

月ヶ瀬健康茶園では、「その土地で育った草木が、その土地の土質に最も合っている」という考え方のもと、独自で「炭素循環農法」に取り組んでいます。「炭素循環農法」とは、動物性の肥料は一切使わず、地域の草木を肥料として使う農法です。天然由来の糖・アミノ酸の含有量が多い、地域の草木を肥料にすることで、えぐみや苦みが少なく、優しい甘みの茶葉に育つよう工夫しています。

 

有機煎茶(ティーバッグ)

茶葉を収穫後に萎(しお)らせ、甘い香りと旨味を引き出しました。ミネラルを多く含む粘土質の畑で育てており、茶葉のもちが良いので、3煎以上出せます。「香りが良くてすっきり飲みやすい味」に仕上げました。

有機ほうじ煎茶(ティーバッグ)

ほんのり渋みのある旨みと芳ばしく甘い香り。萎凋(しおらせる)をして仕上げた煎茶を長期間低温熟成させ、焙煎により芳ばしく甘い香りも楽しめます。

 

有機和紅茶(ティーバッグ)

後味にくせがなく、やわらかみのある味わい。萎凋の行程を大切に、茶葉本来の香りを引き出し、熟成させることでやわらかな飲み口に仕上げました。

関連記事

飲料

ビオ・マルシェ オリジナル