メニュー

お知らせ

2020.6.19 - ビオ・マルシェの畑を訪ねて

【滋賀県・垣見農園】有機とうもろこし日記⑤有機ヤングコーンの収穫

ビオ・マルシェの夏野菜でおなじみ、滋賀県・垣見農園の有機とうもろこし。
その生長を垣見農園にご協力いただき、毎月ご紹介しています。

6月に入り、トマトやなすなど夏野菜が出荷の最盛期。滋賀県垣見農園のとうもろこし栽培も終盤に差し掛かり、現在ヤングコーンを絶賛収穫中です。

とうもろこしの雌穂は受粉すると茶色く色付き、そのすぐ下にとうもろこしができます。雌穂は一つの株に3つほどできるため、うまく受粉すれば一株から平均3本は収穫できる計算になります。しかし、甘く美味しいとうもろこしを作るためには、栄養を1本に集中させることが必要です。そのため、最も早く成長している1本を残し、他は途中で切り落とします。この時切り落としたとうもろこしが、ヤングコーンです。

「有機ヤングコーン」はカタログvol.025よりご案内しております。ぜひご賞味ください。

有機ヤングコーン おすすめの食べ方!

垣見農園の有機ヤングコーンは、サクサクの食感で甘みたっぷり。今しかいただけない旬の食材です。素材の味をより楽しめる、おすすめの食べ方をご紹介いたします。

丸ごと焼いてホクホク♪

皮ごとヤングコーンの上下を少し切り落とし、そのまま魚焼きグリルやオーブンで皮の表面が焦げるまで焼きます。火傷に気を付けて皮を剥いたら、あま~いコーンの香りが立ち上ります。お塩やお味噌をつけてお召し上がりください。

天ぷらにしてパリパリ♪サクサク♪

ヤングコーンの皮を剥き、ひげをつけたまま縦半分に切ります。打ち粉をふり、天ぷら粉につけて180℃の油でカラッと揚げたら完成です。ヤングコーンはサクサク、衣をまとったひげはパリパリの楽しい食感が味わえます。お塩や大根おろしでお召し上がりください。

次回はついに有機とうもろこしの収穫!
現在、受粉を終えた雌穂が茶色く色付き、実の一粒一粒が大きくなっている最中です。

畑全体の様子

3月下旬の様子

4月上旬の様子

5月上旬の様子

5月下旬の様子

前回の記事【滋賀県・垣見農園】有機とうもろこし日記④受粉・害虫と益虫

お知らせカテゴリ一覧

NEWS

NEWS

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

季節の手仕事

季節の手仕事

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

RECIPE|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

オーガニックサポーター

オーガニックサポーター

オーガニックって何?

オーガニックって何?

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

マルシェ情報

マルシェ情報

味噌づくり教室

味噌づくり教室

畑イベント

畑イベント

Biomamaclub

Biomamaclub

プレスリリース

プレスリリース