メニュー

お知らせ

2018.11.29 - 季節の手仕事

「かりんの蜂蜜漬け」の作り方

\冬はじめの手仕事/かりんの蜂蜜漬け

朝晩と日ごとに冷え込み秋が深まってくる頃に、かりんの出荷ははじまります。
ビオ・マルシェのかりんは、10月下旬~11月中旬にかけてお届けします。

かりんの蜂蜜漬けは、咳やのどの痛みを和らげる効果があるといわれており、古くから家庭の常備薬として作られてきました。冬に備えて、かりんの蜂蜜漬けを作りませんか?

材料

かりん…1kg
蜂蜜…1~1.2kg(ビオ・マルシェの「百花蜜」「アカシア蜜」の場合、2本分です。)
保存瓶
茶袋

作り方

1.かりんは、さっと洗っておきます。

 

2.追熟して香りのよく出たかりんを、皮のまま約1cmの厚さのいちょう切りにします。※堅いので手を切らないよう注意。

 

3.種も芳香があるので、一緒に漬けます。(種は洗ってティーバッグに詰めておくと取り出す時に便利です。)

 

4.瓶を熱湯消毒します

 

5.熱湯消毒した瓶に、かりんと蜂蜜を入れます。

漬け始めたら時々、瓶を揺らして、冷暗所に保管します。

2~3ケ月で完成。(2~3ケ月位で果実と種を出してください。)

★ポイント

・かりんの表面がベタベタしてくるのは、中のエキスが出てくるためです。
・瓶の保存は温度が上がると発酵するおそれがありますので、キャップをゆるめて保存してください。
(発酵しても効果に変わりはありません。)

 

飲み方

お好みの量を冷水、お湯、アルコール、炭酸などで割ってお召し上がりください。梨に似た香りがして、身体の芯から温まりますよ!

 

お知らせカテゴリ一覧

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

オーガニックって何?

オーガニックって何?

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

マルシェ情報

マルシェ情報

NEWS

NEWS

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

季節の手仕事

季節の手仕事

畑イベント

畑イベント

Biomamaclub

Biomamaclub

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

プレスリリース

プレスリリース