メニュー

お知らせ

2019.9.16 - ビオ・マルシェの畑を訪ねて

北海道・富良野、百・我(ももんが)の阪井さんよりメッセージが届きました!

百・我(ももんが)の阪井さん(写真左)は、30年以上も有機栽培で北海道・富良野の大地を耕す生産者です。栽培するのは、北海道野菜の代表選手、有機じゃがいも・有機玉ねぎ・有機かぼちゃなどです。阪井さんは、周りに棲む生き物、季節の移ろい、野菜たちの生長等、畑を通して見える「農業」の素敵な瞬間を私たちに教えてくださる生産者です。

毎年、この時期になると阪井さんからメッセージが届きます。今年も、収穫時期を迎えた富良野から、農作物の作柄と共に素敵なメッセージをいただきました。

阪井さんからのメッセージ

いつもの雪解けから5月初めの長雨で、玉ねぎは足踏み状態で一部スロースタート。その後少雨。5月末に突然の高温。8月中旬までの干ばつ高温。帳尻合わせのように収穫の今、長雨が続いております。人間の都合とはうまくいかないものです。

じゃがいも(ゆきつぶら・さやあかね)

ゆきつぶら。早生系で疫病打撲(収穫キズ)に強い品種をやっと見つけたのですが、もう種子として作られていなく、自家採種で増やし3年目。やっと出荷にこぎつけました。
そうか病の発生が少しあり、仕上がりまでの干ばつの影響で伸び遅れ、全体的に小さ目かと思われますが、味は抜群にでんぷんがのっています。

晩成のさやあかねは肥大期に雨が間に合って、今後に期待!

玉ねぎ(オホーツク22・北のルージュ)

移植が遅れた畑では、タマネギバエの発生で20%くらい6月初めに枯れて消えてしまいました。
マルチ栽培で少ない水分を分かち合い健闘していましたが、高温干ばつでのスリップス(アザミウマという虫)の大発生で8月初めには真っ白に葉が食害されました。
もう少し太れず、根の部分がとんがったのは、もう少し太りたかった玉ねぎです。味が濃縮された、甘さと辛さを楽しんでください。

南瓜(九重栗・坊ちゃん)

九重栗。高温干ばつの中、意外と頑張って生育的にはよく育って、味もでんぷんがのって美味しく、玉の大きさも1.5キロくらいで手頃です。坊ちゃんはそこそこの玉付きではと思います。

 

10年前衝撃を受けました!東京日比谷で偶然見たテオ・ヤンセンの作る生命体。
なんと今年、札幌にやってきました。縁あって家族で見ることができ、あの時の感動を分かち合えました。

そんな農業がやりたいのです。
種子を蒔く時点で自然から遠ざかってしまうのが農業の性です。
今年2人目の孫が生まれました。
縁あって色々な人たちと結び、
この縁の中で皆様に届けていただき食べて頂き、
また私たちに返って種を蒔く。
このサイクルに感謝です。

2019年41回目の感謝の秋
富良野 百・我 阪井

 

生産者・製造者紹介ページ「富良野 百・我」

お知らせカテゴリ一覧

NEWS

NEWS

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

オーガニックサポーター

オーガニックサポーター

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

REPORT|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

オーガニックって何?

オーガニックって何?

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

マルシェ情報

マルシェ情報

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

季節の手仕事

季節の手仕事

味噌づくり教室

味噌づくり教室

畑イベント

畑イベント

Biomamaclub

Biomamaclub

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

プレスリリース

プレスリリース