メニュー

お知らせ

2018.8.24 - 今週のおすすめ商品

有機果実と有機野菜のオーガニックベビースムージー

babybio有機果実と有機野菜のオーガニックベビースムージー2種(にんじん、さつまいも)
babybioのベビースムージーを飲んでいる子ども

「ベビースムージー」は、有機果実と有機野菜だけで作った、スムージータイプのベビーフードです。
離乳食をスタートした月齢6ヶ月頃のお子様からお召し上がりいただける、乳児用規格適用食品(※)です。

りんごをベースに、さつまいもやにんじんをブレンドしているので、優しい甘みで後味もスッキリ!
1歳8か月になる娘も気に入ったようで、チューチューチューチュー。
あれよあれよという間にパックがしぼみ、一度も口を離すことなく、飲んでしまいました。。。
娘に気づかれる前に、私も飲んでみましたが、とろっとなめらかな食感とホッとするような優しい甘みが美味しかったです。キャップ付きなので、お出かけの時のおやつにもおすすめです。

原材料は、高品質なオーガニックのもので、出来る限り地元フランス産のものを使っています。
メインのりんごは、フランス南西部アキテーヌ地方で収穫された有機栽培りんごを使っており、酸味と甘みのバランスがよく、野菜との相性が抜群です。

スムージーの中身も大切ですが、直接口をつける商品だからこそ、パッケージの安全性も気になるところ。
「ベビースムージー」のパッケージには、ホルモン系の異常につながる恐れがあるといわれる化学成分、BPA(ビスフェノールA)は使われていません。
また、キャップは、誤飲防止に配慮した大きめのつくりになっています。

 

●babybio(ベビービオ)について
「スムージー」を製造している「babybio(ベビービオ)」は、オーガニックベビーフード専門のブランドとして、1996年にフランスで設立され、フランスで初めてオーガニックベビーミルクを開発しました。
使う素材は、できる限りフランス産にこだわり、生産者と継続的な関係を築いています。
砂糖などの甘味料、添加物をできる限り使用せずに、ホームメイドの離乳食に近いレシピで製造しています。
また、パッケージはリサイクル可能にする等、環境にも配慮した製品作りをおこなっています。

 

※乳児用規格適用商品:食品衛生法に基づく食品中の放射性物質の基準値では、乳児用食品(乳児(1歳未満)の飲食に供することを目的として販売するもの)に一般食品より低い基準値(乳児用食品:50 ベクレル/kg、一般食品:100 ベクレル/kg)が適用されています。

 

(スタッフ 伊藤)

babybio有機果実と有機野菜のオーガニックベビースムージーにんじん

〇ベビースムージー アップル キャロット
クセのない人参がりんごの甘味を引き立てます。

原材料
有機りんご、有機にんじん、有機レモン
会員価格
90g  260円(税抜)
babybio有機果実と有機野菜のオーガニックベビースムージー

〇ベビースムージー アップル スイートポテト
さつまいもの優しい甘みがりんごとの相性ばっちり。

原材料
有機りんご、有機さつまいも、有機レモン
会員価格
90g  260円(税抜)

お知らせカテゴリ一覧

RECIPE|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

オーガニックって何?

オーガニックって何?

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

マルシェ情報

マルシェ情報

NEWS

NEWS

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

季節の手仕事

季節の手仕事

味噌づくり教室

味噌づくり教室

畑イベント

畑イベント

Biomamaclub

Biomamaclub

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

プレスリリース

プレスリリース