メニュー

今週のBIOWEEKLY:328

きゅうりの花

お届けの野菜情報

有機きゅうり「おいしいレシピ」

有機きゅうりを使った漬物2種のレシピをご紹介!ぜひ作ってみてください♪

レシピ:有機きゅうりの一本漬け

【材料】(きゅうり3本分)
有機きゅうり…3本・塩…適量・A【水…200ml、塩…小さじ1、洗双糖…小さじ1/2、有機純米酢…大さじ1、和風だし…小さじ1/2、有機生姜(すりおろし)…適量、有機鷹の爪(種をとり、輪切りにしたもの)…適量】

【作り方】
①きゅうりは塩をよくすりこみ、30分程度置く。
②保存袋に、【A】の材料すべて入れる。
③①をさっと洗い、味の染み込みをよくするために、竹串で20か所程度刺す。
④③を②に入れ、手でもみ、冷蔵庫で一晩から一日程度おく。
⑤きゅうりのヘタを切って、割りばしをやさしく刺せば完成。

レシピ:有機きゅうりのポリポリ漬け

【材料】(きゅうり3本分)
有機きゅうり…3本・塩…小さじ1・有機生姜(千切りにしたもの)…1片分・塩吹昆布(北海道産)…10g程度・A【有機純米料理酒…大さじ1、洗双糖…45g、有機醤油…大さじ5、有機純米酢…大さじ2】

【作り方】
①きゅうりは7〜8㎜幅の輪切りにし、塩を加えてもみこみ、15分程度置いて水気をしっかり絞る。
②鍋に【A】の調味料を入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら①、生姜、塩吹昆布を加える。
③再び沸騰したら火からおろし、そのまま粗熱をとる。
④保存容器に移し、冷蔵庫で保管する。(2〜3日を目安にお召し上がりください)

有機とうもろこし「虫害について」

とうもろこしの葉をめくると、虫に食べられたような跡が…。これは、蛾の幼虫(アワノメイガ)の食害によるものです。とうもろこしの有機栽培では有効な予防策がなく、どうしても避けられません。この虫はとうもろこしの雄花に卵を産みつけ、暑さが厳しくなるにつれて一気に被害が広がる場合があります。そのため収穫時には特に注意しながら1本1本手で触り、虫害の有無を確認していますが、外観から判別できない場合がございます。お気づきの点がございましたら、各窓口までご連絡ください。何卒ご理解のほど、よろしくお願いします。

有機ブロッコリー「軸の空洞化について」

「軸の中が空洞になっている」とのお声をいただいております。ご心配をおかけし、申し訳ありません。この空洞の発生は高温多湿の環境下で急に生長が進むことで生まれる生理障害です。花蕾の食味には影響がなく、空洞化している周辺を取り除けば問題なくお召し上がりいただけるため、軽度のものはお届けさせていただきます。何卒ご理解のほど、よろしくお願いします。

きのこ類「白い綿状のものは何?」

ぶなしめじ・エリンギ・花茸などのきのこ類に、白い綿状のものが付いていることがありますが、これは「気中菌糸」といって、きのこの一部です。気中菌糸は気温変化によって発生することが多く、最近の急激な気温の上昇によって、菌糸が発生しやすくなっています。お召し上がりいただいても問題ありませんので、ご安心ください。ただ、気中菌糸がきのこ全体に広がっていて真っ白な状態、笠が完全に開ききって柔らかくなっている等がみられる場合は、食味が落ちている場合がありますので、お手数ですが各窓口までご連絡ください。

BIO WEEKLY

日々、全国各地から畑の情報収集をしている農産担当スタッフが、 旬の野菜や果物の最新情報をお伝えしています。 管理栄養士などによる旬の野菜・果物活用レシピ、スタッフによるおすすめ野菜もご紹介します。

オーガニックライフを
始めてみませんか?