メニュー

お知らせ

2020.10.5 - BIO WEEKLY

今週のBIOWEEKLY:041

富良野百我のかぼちゃ畑

お届け野菜の情報

有機ほうれん草

もりもり食べよう有機ほうれん草♪

有機ほうれん草をお届けしている塩尻有機栽培研究会の畑は、長野県松本盆地の南端、塩尻市の標高800m以上の場所に広がります。
秋の陽気が感じられるようになってきたこの頃。気温は20℃を下回り、有機ほうれん草が甘みを増し、すくすく育つ季節となりました。
今回はそんな有機ほうれん草の甘みをより感じられるバターソテーをご紹介いたします。お肉料理などの付け合わせにどうぞ。
(材料)
有機ほうれん草1/2束、有機にんにく…1片、南箱根の厳選バター…10g、塩・白コショウ…適量
(作り方)
①ほうれん草を5cmの長さに切り、にんにくは半分に切り、軽くつぶす。
②フライパンにバター、にんにくを加え、いい香りがしてきたらほうれん草、塩・白コショウを加えて炒める。全体がしんなりしたら完成。

有機松本一本ねぎ

検品を強化してお届けします

「葉が傷んでいた、茶色く変色している。」というお声をいただきました。ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。
長野県の産地では7月の高温、干ばつにより傷みが発生しております。産地・各センターとも検品を強化しお届けしてまいりますが、お届けの際、お気づきの点がございましたら、各センターまでお知らせください。

有機じゃが芋

ほんのり桜色♪さやあかねのお届けが始まっております

北海道の産地よりお届けしております有機じゃが芋。生産者によってさまざまな品種を出荷していただいております。
ビオ・マルシェの宅配では有機じゃが芋として品種を問わずお届けしており、現在は男爵やスノーマーチなどの数種類をお届けしております。
北海道・富良野百・我から出荷が開始する品種「さやあかね」。さやあかねは表皮がほんのり桜色をしており、果肉は黄色みがかっているじゃが芋です。はちみつのような甘い香りがするとされており、ホクホクした食感が煮込み料理などに向いています。
切った断面からピンク色に変化してくる場合がございますが、食味に問題なくお召し上がりいただけます。

【富良野 百・我 阪井さんの有機南瓜レシピ】

現在有機南瓜を出荷していただいている北海道・富良野 百・我。
種蒔きから収穫までの生長の様子を生産者の阪井さんにご協力いただき、「ビオ・マルシェの畑を訪ねて 【北海道・富良野 百・我】有機南瓜日記」にてご紹介しております。収穫を迎えた最終回には阪井家の有機南瓜料理を掲載しており、今回はその作り方をご紹介いたします。
デンプンをじっくり蓄え、甘く育った有機南瓜を阪井さんこだわりのレシピでお召し上がりください。

簡単!有機南瓜の煮つけ

簡単!有機南瓜の煮つけ
(材料:2人前)
有機南瓜…200g、だし汁(かつおと昆布でとる)…大さじ2、有機醤油…大さじ1、有機本みりん…大さじ1
(作り方)
①南瓜を一口大にカットする。
②耐熱ボウルに調味料とカットした南瓜を加え、混ぜ合わせる。
③クッキングシートの中央に穴を空けた落とし蓋をし、ラップで覆う。
④電子レンジ500wで約8分加熱したら完成。

簡単!有機南瓜のグラタン

簡単!有機南瓜のグラタン
(材料:2人前)
有機南瓜…1/2個、
生クリーム…200g、ナチュラルスナッカー…30g、塩・コショウ…適量
(作り方)
①カットしやすくするため南瓜をラップで包み、電子レンジ500wで約2~3分加熱する。
②南瓜を1~2cm幅にスライスカットする。
③耐熱皿にスライスした南瓜を並べ、塩・コショウを振る。
④チーズをかけ、生クリームを全体にかける。
⑤予熱したオーブン200℃で約20分加熱して完成。

有機坊ちゃん南瓜の丸ごとリゾット

有機坊ちゃん南瓜の丸ごとリゾット
(材料:2人前)
有機坊ちゃん南瓜…2個、冷ご飯…お茶碗2杯分、ベーコンブロック…30g、しめじ…1/4株、チキンコンソメ…小さじ2、塩・コショウ…適量、ナチュラルスナッカー…20g
(作り方)
①坊ちゃん南瓜を水洗いし、ひとつずつラップで包み、電子レンジ500wで約4~5分加熱する。ベーコンブロックは小さく切る。しめじは手でほぐす。
②坊ちゃん南瓜の粗熱がとれたら、器の蓋のようにへたを含む上部を切り取り、種をスプーンで取り除く。
③実の部分を好みの量スプーンでくり抜き、実をほぐすようにつぶす。
④リゾットを作る。鍋に冷やご飯、冷やご飯が浸かるくらいのお水(分量外)、チキンコンソメを入れ、火にかける。沸騰直前で弱火にし、ご飯が温まり、とろみが出てきたら火を止める
⑤④のリゾット、③でくりぬいた坊ちゃん南瓜の実、ベーコン、しめじを合わせる。
⑥チーズを加え、塩、コショウで味を調える。
⑦坊ちゃん南瓜の器に⑥を入れ、予熱したオーブン170℃で約10~15分加熱して完成。
※お好みでチーズを上からかけて焼き上げるのもおすすめです。

有機南瓜マフィン

有機南瓜マフィン
(材料:マフィン4個分)
有機南瓜(皮を取り除く)…100g、国産有機薄力粉…180g、ベーキングパウダー…小さじ1、バター(室温に戻す)…100g、洗双糖…80g、平飼い卵…2個、パスチャライズ牛乳…50ml
(作り方)
①南瓜をペースト状とカットして使うものに分ける。
○ペースト状:南瓜50gをラップで包み、電子レンジ500wで約3~5分加熱し、ペースト状につぶす。
○カット:残りの南瓜をラップで包み電子レンジ500wで約2~3分加熱し、1cmのサイコロ状に切る。
②ボウルにバターと洗双糖を入れ、白っぽくなるまですり混ぜる。
③②に溶いた卵と牛乳を少しずつ加えて混ぜ合わせる。ペースト状の南瓜を加える。
④③に薄力粉、ベーキングパウダーを加えて混ぜ合わせ、最後にカットした南瓜を加えてさっくり混ぜる。
⑤型に入れ、予熱したオーブン180℃で18分~25分様子を見ながら焼き上げて完成。

BIO WEEKLY

日々、全国各地から畑の情報収集をしている農産担当スタッフが、 旬の野菜や果物の最新情報をお伝えしています。 管理栄養士などによる旬の野菜・果物活用レシピ、スタッフによるおすすめ野菜もご紹介します。

お知らせカテゴリ一覧

NEWS

NEWS

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

オーガニックって何?

オーガニックって何?

よくわかる ビオ・マルシェの宅配サービス

よくわかる ビオ・マルシェの宅配サービス

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

季節の手仕事

季節の手仕事

RECIPE|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

味噌づくり教室

味噌づくり教室

オーガニックライブ2020

オーガニックライブ2020

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

マルシェ情報

マルシェ情報

畑イベント

畑イベント

Biomamaclub

Biomamaclub

プレスリリース

プレスリリース