メニュー

お知らせ

2020.1.31 - 今週のおすすめ商品

酒造りの蔵元が造る、有機純米酒の酒粕「有機酒粕 天鷹」

有機酒粕天鷹

「有機酒粕 天鷹」は、1914年創業の天鷹酒造(栃木県)が仕込む有機純米酒から作られた酒粕です。稀少な有機純米酒からとれる酒粕のため、販売期間は約1か月と短く、今季は2月末までの販売予定です。ばらけているので板酒粕と比べて使いやすいのが特徴です。粕汁・粕漬け・甘酒はもちろん、おやつづくりなどにも幅広くお使いいただけます。

日本酒づくりに最適な風土

天鷹酒造があるのは、那須高原の南端。古くから稲作が盛んで、緑豊かな田園地帯にあります。一年を通じて晴天率が高いこの地域。夏は温暖で、冬は適度に寒冷になり、酒造りにとても適した気候です。県最北部の那須岳から流れ出る豊富な伏流水によって、酒造りに必要な清らかな水も安定して確保できます。米・水・気候の条件が揃った、日本酒づくりに最適な風土です。

有機米づくりに取り組んでいます

「有機酒粕 天鷹」の原料となるお酒は、ビオ・マルシェの宅配でも扱っている「有機純米酒 天鷹」(有機米の持つ米の力強い味わいと優しい酸味を感じる辛口の有機純米酒)。天鷹酒造では、高品質で美味しい酒をお届けするために米作りにも携わっています。また、「地域と共にある蔵として、できる限り環境に負荷をかけない米づくりを協力農家さんと一緒に進め、豊かで美しい自然を未来の子供たちへつないでいきたい。」という想いから、有機米づくりにも取り組んできました。2018年には、有機原料米を生産する子会社「天鷹オーガニックファーム(株)」も設立し、「美味しい」+「安全」を追求した有機日本酒づくりに日々励んでいます。

酒粕は健康・美容に嬉しい食材

有機酒粕天鷹

酒粕はアルコール分をはじめ、タンパク質、でんぷん、繊維質、さらに酒の発酵中に働く酵母やたんぱく質の分解によって出来るペプチド、アミノ酸、ビタミンなどを多く含んでいます。栄養的にも優れたこれらの成分は生活習慣病の予防や改善に良いと言われています。また、酒粕にバランスよく含まれる成分の中でも、特にビタミンB6は、肌荒れやシミ、そばかすなどの予防に効果があるといわれています。

「有機酒粕 天鷹」でポカポカ粕汁

まずは、寒い季節の定番、粕汁でいただくことにしました。

重ね煮(食材を重ねて煮る調理法)の要領で、有機栽培板こんにゃく・有機椎茸・有機白菜・有機ごぼう・有機大根・有機にんじん・国産手揚げを鍋に重ねていきます。

鍋に煮干しのだし汁(水出し)をゆっくりと注いで中火にかけます。
沸騰したら、弱火にして野菜に火が通るまで煮ます。

「有機酒粕 天鷹」を入れて溶かします。板酒粕と違いばらけているので、味噌こし器に使う分だけ入れて味噌を溶く要領で溶かしていきます。麹の粒々は汁に戻します。

酒粕が溶けたら味噌を加えます。味噌は色が薄めの「ビオ・マルシェ有機白味噌」と「有機やさか味噌甘口」を合わせて使いました。

お椀によそいながら、「有機酒粕 天鷹」の上品な香りにうっとり。

粕汁

まずはお汁をいただきます。
嫌みがなく後味のいい酒粕の風味に野菜とだしの旨味が調和しています。お味噌汁とは違った、粕汁ならではの旨みがぎゅっと詰まった美味しさです。具材も酒粕の良い香りをまとって上品な味わいです。

3歳の娘は初めて粕汁を口にしましたが、お代わりもするほど気に入ったようです。(娘の分はアルコールを飛ばすため、ぐつぐつと火にかけました)

「有機酒粕 天鷹」でスコーンづくり

酒粕は焼くとチーズのような風味になります。その特徴を活かしてスコーンを作ってみました。(作り方は一番最後に載せているので、お試しください。)

ボウルにふるった粉類とバターを入れ、粉とバターを指ですりつぶすように混ぜ合わせます。
バターの塊がなくなったら、牛乳でふやかした有機酒粕を加えて混ぜます。
生地をひとまとめにし、カットして余熱したオーブンで焼きます。
美味しそうな焼き色がつけば完成です。

オーブンを開けると、良い香りが広がってきました。

酒粕スコーン

生地はサクサクふんわり。チーズ好きの主人も「ほんとにチーズみたい。」と驚いていました。ほんのり塩気のきいたチーズ風味の酒粕スコーンになりました。

「有機酒粕 天鷹」は有機米の豊かな味と香りを楽しめる酒粕です。ぜひ、期間限定の美味しさをいろいろなお料理で味わってみてください。

(スタッフ 伊藤)

★レシピ★「有機酒粕 天鷹」を使ったスコーン

材料 8個分

有機酒粕…40g
牛乳(または豆乳)…50~60cc
バター(小さく切る)…50g
〈粉類〉
有機薄力粉…200g
ベーキングパウダー…小さじ4
砂糖…小さじ2
塩…小さじ1/2

作り方

1.有機酒粕と牛乳を合わせてふやかし混ぜ合わせる。
2.〈粉類〉をふるっておく。
3.2に、バターを入れ、粉とバターを指ですりつぶすように混ぜ合わせる。
4.バターの塊がなくなったら、1を加えて混ぜ、ひとまとまりにする。
5.生地を約2㎝の厚みにしたら8等分に切る。
6.220度で余熱しておいたオーブンに入れて15分焼く。
※甘さは控えめなので、お好みでメープルシロップなどをかけてお召し上がりください。

「有機酒粕 天鷹」のご購入はこちらから

ビオ・マルシェのネットショップで購入する。

宅配会員さまは宅配会員ネット注文画面からログインしてください。

原材料
有機米(国産)、有機米こうじ(国産米)
ビオ・マルシェのネットショップ価格
200g  540円(税込)

ビオ・マルシェのネットショップで購入する。
ビオ・マルシェの宅配価格
200g  500円(税抜)

お知らせカテゴリ一覧

オーガニックライブ2020

オーガニックライブ2020

NEWS

NEWS

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

季節の手仕事

季節の手仕事

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

RECIPE|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

オーガニックサポーター

オーガニックサポーター

オーガニックって何?

オーガニックって何?

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

マルシェ情報

マルシェ情報

味噌づくり教室

味噌づくり教室

畑イベント

畑イベント

Biomamaclub

Biomamaclub

プレスリリース

プレスリリース