メニュー

お知らせ

2019.11.12 - Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

有機みかんのチクピーブラウニー |Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

あわただしい日常から、ちょっとだけ解放された日曜日の昼下がり。淡い光が差し込むキッチンで、そっと果物に手を伸ばす_______豊かな香りを胸いっぱいに吸い込みながら、季節を感じるヴィーガン・スイーツを作ってみませんか?

 

有機みかんのチクピーブラウニー(ヴィーガン・グルテンフリー)

 

今回のテーマは、有機温州みかん。

立冬が過ぎ、いよいよ寒い冬の到来です。店頭には冬のフルーツの代名詞的存在である、温州みかんが並び始めました。
みかんは日本の冬にはとても馴染みのある果物。こたつの上に置かれたカゴいっぱいのみかんをイメージする方も多いのではないでしょうか。この日本の冬の風物詩といえる、こたつでみかんを食べる習慣ですが、実はとても理にかなっているんです。
寒いからといって、ついついこたつに長時間入ってしまうと、こたつの熱によって体の水分はどんどん失われてしまいます。みかんに含まれる水分量は果物の中でもトップクラス。キッチンまで飲み物を取りに行かなくても、カゴの中のみかんに手を伸ばして食べることで、手軽に水分補給をすることができるというわけなんです。
ほかにも、ビタミンCやクエン酸といった、風邪を予防してくれる栄養素もたっぷりと含まれています。寒い冬に、積極的に取り入れたいフルーツですね。

「有機温州みかんのチクピーブラウニー」は、ひよこ豆をメインにしたグルテンフリーのチョコレートブラウニーです。甘味には玄米甘酒とメープルシロップをつかい、優しい甘さになっています。トップには有機栽培のみかんを皮ごと使ったドライオレンジと、香ばしく炒ったキヌアパフを載せ、ヘルシーなだけでなく栄養価も高いスイーツに仕上げました。

全体の流れ

15cmスクエア型(5 x 5 cm のブラウニー 9個分)

所要時間

約2時間(チクピーを浸水させる時間は除く)

1.ブラウニーをつくる

チクピー(ひよこ豆)をメインにしたグルテンフリーのチョコレートブラウニーをつくります。

2.ドライみかんをつくる

輪切りにした温州みかんを洗双糖で煮詰め、オーブンで乾燥させます。

3.キヌアパフをつくる

茹でたキヌアをオーブンで軽く乾燥させた後にフライパンで炒ります。

4.ブラウニー にトッピングをして冷蔵庫で冷やす

ドライオレンジとキヌアパフをトッピングして仕上げます。

1.ブラウニーをつくる

材料

・チクピー(ひよこ豆)乾燥した状態で1/2カップ (茹でた状態で約200g)
・米粉 1/4カップ
・葛粉 1/4カップ
・ココアパウダー(無糖)  1/2カップ
・ピーナッツバター(無糖) 60g
・ココナッツオイル 大さじ1/2
・玄米甘酒 1/4カップ
・メープルシロップ  1/4カップ
・アップルソース 1/4カップ
・豆乳 25cc
・ベーキングパウダー  小さじ1
・塩 少々

下準備

□チクピーを洗い、たっぷりの水に浸して一晩置きます。

□浸水させたチクピーを柔らかくなるまで茹でて(20分ほど)ザルにあげ、水気を切ります。

□オーブンを180℃に予熱します。

□ケーキ型にオーブンシートを敷く、または油を塗っておきます。

作り方

フードプロセッサーに材料を全て入れて滑らかになるまで撹拌します。モッタリとした堅めの生地になります。

生地を型に流し入れて表面をならして整えます。

オーブンで20分から23分ほど焼きます。竹串を刺して生地がついてこなければ焼き上がりです。

ケーキクーラーなどの上に載せて冷まします。

2.ドライみかんをつくる

材料(作りやすい分量)

・温州みかん 2、3個
・洗双糖 大さじ2
・輪切りしたみかんの端材を絞った果汁 適量
・水 100cc

作り方

みかんを5mm程度の輪切りにし、鍋に並べます。

洗双糖、みかん果汁を入れて火にかけます。

沸騰してきたら弱火にし、キッチンペーパーなどで落とし蓋をして30分ほど、水分がなくなるまで煮詰めます。

煮詰めたら火を止め、粗熱を冷まします。

鉄板にオーブンシートを敷き、煮詰めたみかんを並べます。

オーブンを100℃にセットし(予熱なし)、片面約50分、裏返して20分ほど乾燥させて水分を飛ばします。

網などの上に載せて風通しの良い場所に置き、冷まします。多めにつくった時にはしっかりと水分を飛ばした後、密閉袋などに入れて冷凍庫で保存します。

3.キヌアパフをつくる

材料(作りやすい分量)

・キヌア(乾燥) 1/2カップ
・水 1カップ
・ココナッツオイル 大さじ1

下準備

□オーブンを180℃に予熱します。

作り方

キヌアを洗って鍋に入れ、水を入れて火にかけ15分ほど茹でます。火を止め蓋をして5分ほど蒸らします。

鉄板にオーブンシートを敷き、キヌアを載せて平にならしてオーブンに入れます。時々混ぜながら15分ほど焼いて、水分を飛ばします。

フライパンにココナッツオイル、キヌアを入れて火にかけます。フライパンを揺らしながらキヌアがこんがりと色付くまで炒ります(パチパチとはねるので注意します)。

4.ブラウニー にトッピングをして冷蔵庫で冷やす

ブラウニーを9等分にカットします。つくったドライみかん、キヌアパフを載せてデコレーションします。

ラップなどでケーキを覆い、冷蔵庫で2、3時間ほど冷やして完成です。

今回使った材料の一覧

ストック確認やお買物のチェックリストとしてご活用ください。

ビオ・マルシェの宅配 取扱商品

・有機みかん
・有機チクピー豆
・ピーナッツクリーム(無糖)
・有機メープルシロップ
・有機エキストラヴァージンココナッツオイル
・有機ブラックココア
・有機米粉
・吉野葛
・オーガニックアップルソース
・有機豆乳
・有機玄米甘酒
・有機キヌア
・洗双糖

その他の商品

・ベーキングパウダー

レシピ・写真

鈴木 桂子 Suzuki Keiko

インディペンデント・フォトグラファー/ヴィーガンレシピ・デベロッパー

漢方養生指導士上級、フードロスゼロ料理アドバイザー

1990年代に映画監督・園子温率いる街頭詩パフォーマンス「東京ガガガ」に参加、以後約10年にわたり自主映画製作に関わる中で銀塩カメラに興味を持ち、撮影・現像を習得、作品制作を始める。

気候変動などの深刻な地球環境問題には、ヴィーガン・ダイエット(完全菜食主義の食事)が有効であるという研究に感銘を受けてヴィーガンに。心臓疾患や糖尿病などの疾病予防にも効果があると期待されているヴィーガン・ダイエットを、もっと多くの人に知って欲しいという思いから、料理レシピブログ Veggitrabbit Vegan Recipes を立ち上げ、できるだけ少ない材料で、簡単に作れる菜食レシピを考案、投稿している。

ヴィーガンとなってから「薬(医)食同源」や「代替医療」に深い関心を持つようになり、中国伝統医学の学習を開始。中医師を目指し目下勉強中。

Veggitrabbit Instagram
Keiko Suzuki Photography Works

お知らせカテゴリ一覧

NEWS

NEWS

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

オーガニックサポーター

オーガニックサポーター

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

REPORT|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

オーガニックって何?

オーガニックって何?

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

マルシェ情報

マルシェ情報

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

季節の手仕事

季節の手仕事

畑イベント

畑イベント

Biomamaclub

Biomamaclub

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

プレスリリース

プレスリリース