メニュー

お知らせ

2019.6.7 - 今週のおすすめ商品

国産有機玄米のぬか100%、ビオ・マルシェ「有機炒りぬか」で\お手軽/自家製ぬか床づくり

有機炒りぬか

ビオ・マルシェ「有機炒りぬか」は、ビオ・マルシェの国産有機米のぬかを直火で焙煎しています。ぬか床づくり、ぬか床の足しぬか、たけのこのアク抜きなどにお使いいただけます。

「有機炒りぬか」&保存袋で、手軽に自家製ぬか床づくり

有機きゅうり・有機ズッキーニ・有機なすなど、ビオ・マルシェからも夏野菜のお届けが始まりましたね。

夏野菜を見ると、無性に食べたくなるのが「ぬか漬け」です。
生とは違った味わいが楽しめるのはもちろん、ビタミン・ミネラル等の栄養素が入っているので、夏のカラダが欲するのかもしれません。

そこで、今回は「有機炒りぬか」と保存袋で、自家製ぬか床を作ります。(詳しい分量は最後に載せています。)

準備したのは、炒りぬか・塩水(熱湯で塩を溶かして冷ましたもの)・鷹の爪・昆布・捨て漬け野菜・保存容器。

有機炒りぬか

炒りぬかに塩水を混ぜます

まずは、炒りぬかを保存容器に移します。(乾燥剤を忘れずに抜いてくださいね。)

容器には、スタッフのOさんオススメ、チャック付きの保存袋「新鮮チャック袋 中広口タイプ」(エンバランス)を選びました。「保存袋なら、冷蔵庫でもかさばらず保管しやすいよ」とのこと。

炒りぬかに少しずつ塩水を加えながら、よくかき混ぜます。
途中、ぬか床を軽く握って感触を確かめます。「味噌より少し固め」の感触になるまで、塩水の量を調整します。

 

有機炒りぬか

鷹の爪・昆布・捨て漬け野菜を加えます

ぬか床がいい感触になったら、鷹の爪、昆布、「捨て漬け」用の野菜を入れます。鷹の爪には防腐作用があり、昆布は風味づけになります。

「捨て漬け」とは、発酵を助けるために野菜の切れ端などを入れること。捨て漬けの野菜には、水分が多くて、アクや匂いが少ない野菜が向いています。今回は、キャベツの外葉と芯にしました。大根も、水分を多く含んでいて、発酵の進みが良くなるのでおすすめです。ごぼう・なす・玉ねぎなどは、ぬか床にアクや匂いが移ってしまうので、捨て漬けには不向きです。

全ての材料が見えないように、ぬかで覆って平らにしたら、チャック袋の空気を抜いてチャックを閉じます。

有機炒りぬか

ぬか床を発酵させて完成!

まだ、室温が25度前後(発酵の適温)だったので、常温でぬか床を発酵させることにしました。

毎日1度ぬか床をかき混ぜ、3日経ったら捨て漬け野菜を取り替える。これを繰り返します。
捨て漬け野菜は、取り替える前にギュッと絞って、野菜のエキスをぬか床に吸わせます。

2週間を過ぎた頃、ぬかを少し味見すると・・・
ぬかの香ばしさに、いろいろな旨みが加わっています。これでぬか床が完成です。

自家製ぬか床に、野菜を漬けます

翌朝、さっそく有機きゅうり、有機ズッキーニ、有機にんじんを漬けてみました。
野菜を水で洗ったら、きゅうりは緑の濃いお尻の部分の皮をクルっとむき(苦みが強く、ぬか床が苦くなってしまうため)、ズッキーニとにんじんは半分に切ります。野菜に軽く塩をふり、塩ずりしてからぬか床に入れます。

漬けた野菜をお昼頃に取り出してみると、ぬか床パワーで野菜の表面がしっとりとしています。

有機炒りぬか

スライスして食べてみると、ほどよい塩気とぬか漬けの芳ばしい香りが、夏野菜の旨みと合わさって、絶妙。
変わり種の有機ズッキーニは、みずみずしい甘みと、シャクッとした独特の食感がクセになり、ついつい手がのびます。

漬かりすぎた「古漬け」にはこれ!「ぬか漬けそぼろ」

ぬか漬けをしていると、漬かり過ぎた「古漬け」が消費できず困ることがあります。

有機炒りぬか

私も何度か漬け過ぎて「こんな塩辛いものどうすれば良いの!」とプチストレスになったことがあります。

しかし、とある本で「ぬか漬けそぼろ」のレシピを知ってからは大丈夫。これを作るために、わざわざ古漬けにすることもあるくらいの美味しさです。

材料は、ごま油・豚ミンチ・にんにく・古漬け・えのき・みりん・醤油。(詳しい分量は最後に載せているので、ぜひお試しください!)

フライパンにごま油を熱して、豚ミンチを炒めます。そこに、みじん切りのにんにくを入れて香りを出します。香りが立ったら、みじん切りにした古漬けとえのきを入れてざっと炒め、みりんと醤油で味を調えます。

豚肉と古漬けの相性は抜群で、そぼろが深みのある味わいに仕上がります。ご飯や冷奴にかけて、蒸したじゃがいもと和えて、チャーハンや冷麺の具にも重宝する、まさに「万能」そぼろです。

先日のお昼ご飯は、ぬか漬けそぼろご飯と、冷蔵庫の余りものおかずで簡単に済ませました。おかずと一緒にたべるそぼろもまた、美味しいです。

有機炒りぬか

 

チャック袋を使った自家製ぬか床づくりは、とても手軽なのが魅力。冷蔵庫でかさばらないし、混ぜるときも袋の上からぬか床を揉むだけなので、「毎日手を入れて洗う手間も惜しい!」という方にもおすすめです。

皆様もぜひ、チャレンジしてみてください!

自家製ぬか床の材料

有機炒りぬか…1パック(500g)
鷹の爪…1本
塩…75g
水…600cc
昆布…5センチ角2枚捨て漬け野菜…キャベツなら葉1枚分

※ 12~13%の塩水で作ります。
※ いろんな材料で風味づけして、お好みの味に育ててください。
干し椎茸・煮干し・にんにく・生姜・梅干し・切干大根(スタッフOさんイチオシ!)など。

 

ぬか漬けそぼろの材料

ごま油…適量
豚ミンチ(他のミンチでも)…300g
にんにく(みじん切り)…1かけ分
ぬか漬けの古漬け(みじん切り)…100g
えのき(椎茸でも)…1パック(約70g)
みりん…大さじ2
醤油…小さじ2~大さじ1
※漬かりの浅いぬか漬けを使う場合は、調味料の量を多めに調整してください。

(スタッフ 伊藤)

原材料
有機米ぬか
会員価格
500g 665円(税抜)

お知らせカテゴリ一覧

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

REPORT|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

ビオ・オーガニックパートナーズ

ビオ・オーガニックパートナーズ

オーガニックって何?

オーガニックって何?

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

マルシェ情報

マルシェ情報

NEWS

NEWS

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

季節の手仕事

季節の手仕事

味噌づくり教室

味噌づくり教室

畑イベント

畑イベント

Biomamaclub

Biomamaclub

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

プレスリリース

プレスリリース