メニュー

お知らせ

2018.12.14 - 今週のおすすめ商品

お料理にも大活躍!ビオ・マルシェ オリジナル「有機玄米あま酒」

有機玄米あま酒パッケージ

ビオ・マルシェオリジナル「有機玄米あま酒」は、国産有機玄米と麹のみを使ったノンアルコールの甘酒です。玄米のつぶつぶとした食感を楽しめるよう、あえて粒は残しています。2倍濃縮タイプで、1袋で4杯分の甘酒が作れます。濃縮タイプならではの甘みを活かして、甘味料としてお料理やお菓子作りに使うのもおすすめです。開け閉め可能なキャップ付きで、1度に使いきれないときも冷蔵保存ができて便利です。

 

有機玄米あま酒

グッと寒さが増してきたので、私も温かい甘酒をいただくことにしました。

さっそく、有機玄米あま酒と同量のお湯を注いで混ぜます。
一口飲んでみると、麹のすっきりとした甘みと、玄米ならではのコクが味わえます。

さらに、コップの底をスプーンですくって食べてみると・・・ほんのり香ばしい、玄米のつぶつぶ食感も楽しめます。

有機玄米あま酒・生姜

有機生姜のすりおろしを入れてみたら、すりたての生姜のピリリとした辛味と香りが相性ぴったり。寒さでこわばっていた身体が、ぽかぽか温まってきました。

料理に大活躍!優しい甘みとコクをプラス

今回は、残った甘酒をお砂糖代わりに料理に使ってみました。

有機玄米あま酒料理

まずは、お味噌と合わせて「車麩と野菜の味噌炒め」や「サバの味噌煮」を作ってみました。どちらも、お砂糖よりも優しい、丸みを帯びた甘さに仕上がりました。味噌煮は、甘酒のおかげでとろみもついて良い感じの食感に。どちらのお料理にも、甘さだけでない、麹ならではのコクが生まれました。うん、美味しい!

有機玄米あま酒料理

また、先日ビオ・マルシェの宅配で購入した有機かぼちゃが水分多めだったので、きんぴらにして食べることにしました。千切りにしたかぼちゃ(1/4個分)を炒めて、塩こうじとあま酒(それぞれ小さじ1)を加えてさらに炒めるだけ。塩こうじだけで作るよりも甘めで、玄米のつぶつぶがいいアクセントです。

さらに、おやつ作りにも使ってみました!

卵アレルギー持ちの娘(2歳)が保育所へ持って行くパンケーキです。小麦粉、ベーキングパウダー、牛乳、甘酒、サラダ油、塩をグルグルっと混ぜて焼きました。前日の夜に焼き、翌朝に冷めたものを食べてみましたが固くならず、ふわふわとしていました。あま酒の優しい甘みは、小さい娘には丁度良さそうです。大人の方は、お好みでメープルシロップやジャムをつけると良いかもしれません。

(最後にレシピを紹介します。よろしければお試しください♪)

コクのある甘みは「玄米麹」ならでは

ビオ・マルシェは、白米甘酒とは違った、濃厚なコクと甘みが味わえる「玄米甘酒」にこだわりました。
このこだわりを叶えるために、製造は、長野県で伝統的な天然醸造味噌・醤油を手掛ける老舗の蔵元「酢屋茂」にお願いしています。甘酒づくりに使うのは、国産有機玄米を原料とした自家製麹と、蓼科山腹から湧き出る良質な水。

また、白米麹と玄米で作った「玄米甘酒」が多いなか、「有機玄米あま酒」には、麹まで玄米を使用しており、とても稀少。そのわけは、玄米を使った麹造りでは、麹菌を繁殖させるのが難しいからです。麹造りに使う玄米を薄く精米することで、麹菌がきちんと繁殖できるように工夫しています。味噌・醤油造りで培ってきた技術があってこそ、風味も香りも良い玄米麹ができるのです。

毎日コツコツ♪健康に嬉しい玄米甘酒

甘酒は、腸内環境を整える「オリゴ糖・食物繊維」、美肌や美髪に嬉しい「必須アミノ酸」、疲労回復をサポートしてくれる「ブドウ糖・ビタミンB群」などが豊富に含まれると言われています。さらに、白米と比べるとビタミン・ミネラル・食物繊維がバランス良く含まれる玄米を使うことで、甘酒パワーも底上げされますね。

 

毎日のお料理に無理なく使えて、健康にも嬉しい!そんな「有機玄米あま酒」は、我が家の第二の甘味料として活躍してくれそうです♪私は、粒を残した状態で調理しましたが、気になる方は、ブレンダーなどでなめらかにしてお使いくださいね。

 

★レシピ★甘酒パンケーキ

甘さ控えめなので、お好みでメープルシロップやジャムをつけてどうぞ。

材料

小麦粉…100g
ベーキングパウダー…小さじ1
牛乳(または豆乳)…100g
有機玄米あま酒…50g
塩…ひとつまみ
サラダ油(ココナッツオイルでも)…大さじ1

作り方
1.ボウルに小麦粉とベーキングパウダーを入れて混ぜ、真ん中に穴をあけ、甘酒・牛乳・塩をいれ、内側からぐるぐる混ぜていく。
2.なめらかになりツヤが出たら、サラダ油を加え、よく混ぜる。
3.フライパンを温め、一度火を止めて油を薄くひき、生地を流し込んで弱めの中火にかける。
4.泡がふつふつ出て、4つ5つ残るくらいになったらひっくり返して焼く。

 

 

(スタッフ 伊藤)

原材料
有機玄米麹(国産)、有機玄米(国産)
会員価格
230g(2倍濃縮タイプ)  390円(税抜)

お知らせカテゴリ一覧

NEWS

NEWS

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

オーガニックサポーター

オーガニックサポーター

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

REPORT|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

オーガニックって何?

オーガニックって何?

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

マルシェ情報

マルシェ情報

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

季節の手仕事

季節の手仕事

味噌づくり教室

味噌づくり教室

畑イベント

畑イベント

Biomamaclub

Biomamaclub

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

プレスリリース

プレスリリース