メニュー

生産者・製造者

吾妻旬菜

吾妻旬菜

商品
有機人参、有機じゃがいも、有機大根、有機玉ねぎなど
産地
長崎県雲仙市

吾妻旬菜の畑があるのは、長崎県雲仙市吾妻町です。畑は山間にある昔ながらの石垣づくりの段々畑と干拓地に広がっています。
有明海に沈む美しい夕日を見ることができる自然豊かな場所です。吾妻旬菜という生産者名には、「吾妻町」という町名と「旬」を大切に育てたいという想いがこめられています。

元は小さな一家の農家でしたが、後継者を作り、有機の技術や土を次世代に繋げていくために平成19年に法人化に踏み切り、土地にあった輪作体系を作ることが出来るようになりました。吾妻旬菜のみなさんがいつも口にするのは、「作物を作っているのは自然の力であって、農業はその手伝いをする」ということ。地域の自然の恩恵を最大限利用して作物を作ることを基本スタイルとし、20年以上、有機農業に取り組んでいます。

1月~3月中旬、有機人参を出荷します。夏の暑い時期に種をまき、雑草を手作業で丁寧に取り除き、デリケートな人参の芽を大切に守りながら育てました。この時期に収穫できる人参は『紅粋』という品種です。この品種は芯が濃紅橙色で肉質が柔らか、糖度が高いのが特徴です。洗浄するだけでも割れてしまうことがあるので、ひとつひとつ丁寧に作業を行います。
柔らかく甘みのある吾妻旬菜の有機人参、えぐみがないのでサラダや人参スティックなど生で食べるのがおすすめです。人参の香りを感じていただけますよ。

中心メンバーである長谷川さんは、有機農業を続けて40年にもなるベテラン農家さんです。
「肥料や植え方等工夫を続けていますが、なかなか自分の思った通りにはいきません。天候や土壌条件など様々なことが絡んで、毎年味も質も変わります。そこが自然の力を最大限に生かす有機農業の難しさです。しかし、もしかしたらそこが奥深く、面白いのかもしれませんね。何年続けても博士号はとれませんが・・(笑)」と、有機農業への想いをお話ししてくださいました。

吾妻旬菜よりお客様へ
『体に取り入れるもの、食物・飲物・空気、全て健康に関わります。容易に選べる食物・飲物にはこだわりましょう。『食』という字は、人に良いと書くので良いものを選ぼう!』

九州・沖縄地方の生産者・製造者