メニュー

お知らせ

2018.9.28 - 今週のおすすめ商品

栄養価が高くヘルシーな赤身肉 グラスフェッドのオーガニックビーフ

オーガニックビーフ切り落としを使った料理
オーガニックビーフ牛切り落としパック

ビオ・マルシェのオーガニックビーフは、オーストラリアの広大な牧場で約250種類の牧草類の他に、自生する多種類のハーブを食べて育ったグラスフェッドビーフ。
日本でおなじみの牛肉とはひと味違う、ラム肉をマイルドにしたような凝縮された肉の旨みが楽しめます。
商品ラインナップは、これからの季節に食べたくなるすき焼き・しゃぶしゃぶにおすすめの「肩ロース」をはじめ、サーロインステーキ、バラ、牛ひき肉、切り落としの5種類。

私や主人は、ラム肉が好きでよく食べるので、このオーガニックビーフはとても好みの味。
先日は、塩麹をもみこんだオーガニックビーフの牛切り落としを炒めて、重ね煮のお野菜(椎茸・玉ねぎ・にんじん)とニラと春雨を加えて、仕上げにほんの少しの醤油とみりんで味つけしたら…
自分で言うのもなんですが、絶品!
娘も気に入ったようで、オーガニックビーフばかり食べて野菜は後回しになっていました。。。

栄養価が高くヘルシーな「グラスフェッドビーフ」

グラスフェッドビーフは、「グラス=草」を食べて育つ牛のことです。
牧草だけを食べ、自然の中で自由に放牧されているので適度な運動量で育ち、脂肪は少なく赤身が多い肉質になります。
低脂肪なうえ、タンパク質、鉄、亜鉛が豊富で栄養価が高いので、いつもの牛肉料理がより栄養バランスのとれたものになります。

NASAAオーガニック認証取得

オーガニックビーフは、NASAA(オーストラリア持続的農業協会)より、オーストラリアにおける生産から加工処理に関わる全ての過程においてオーガニック認証を取得しています。

OBEビーフ社の牧場について

オーガニックビーフを育てるOBEビーフ社の牧場は、オーストラリアの中央部、チャネルカントリーに広がります。
各生産者の牧場面積を合わせると、なんと北海道に匹敵する広さになるそうです。
牛たちは、農薬・成長ホルモン・殺虫剤・化学肥料・飼料添加物・人工飼料などとは無縁の牧場で健やかに育ちます。
これだけ広大な牧草地があれば、牛たちが牧草を食べつくす心配もなく、グラスフェッドという育て方ができるというのも納得です。

 

オーガニックビーフならではの肉の旨みが凝縮された美味しさをぜひ一度味わってみてください。

 

商品ラインナップ

オーガニックビーフ 牛切り落とし

原材料
牛肉(豪州産)
会員価格
200g  946円(税抜)

オーガニックビーフ 牛肩ロース

原材料
牛肉(豪州産)
会員価格
200g  1080円(税抜)

オーガニックビーフ 牛サーロインステーキ

原材料
牛肉(豪州産)
会員価格
150 g  998円(税抜)

オーガニックビーフ 牛バラ

原材料
牛肉(豪州産)
会員価格
200 g  980円(税抜)

オーガニックビーフ 牛ひき肉

原材料
牛肉(豪州産)
会員価格
200 g  930円(税抜)

お知らせカテゴリ一覧

NEWS

NEWS

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

オーガニックサポーター

オーガニックサポーター

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

REPORT|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

オーガニックって何?

オーガニックって何?

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

マルシェ情報

マルシェ情報

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

季節の手仕事

季節の手仕事

味噌づくり教室

味噌づくり教室

畑イベント

畑イベント

Biomamaclub

Biomamaclub

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

プレスリリース

プレスリリース