メニュー

お知らせ

2018.12.28 - BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

今週の「多菜セット」 を使ったレシピ ~冬至の頃 お月様のリズムは下弦へと向かうとき~

今は二十四節気では、冬至の頃にあたります。

12月22日に冬至を迎えました。
そこから日が高くなる方向にエネルギーが変化しました。
ここからは春になる前の準備期間になります。

寒さは厳しくなって行きますが、なんとなく空気感が変わってきます。
体調を崩す人が多く出てくる時期です。
体を温めるお料理と少し緩めるお料理をうまく組み合わせて行きましょう。

冷やす力が強いトマトは、煮込んだりオーブンで焼くことで体に優しいエネルギーへと変化させました。お煮しめはこの季節、元気を運んでくれる代表選手です。
たくさん作って食べましょう。

 

お煮しめ

土鍋にごぼうと昆布を入れて、ごぼうが浸かるぐらいのお水を入れ、くつくつの火加減で煮込みます。
ごぼうから甘い香りがしたら、大根と水で戻した干し椎茸を加えてさらに煮ます。
大根の色が変わったら、人参をのせてくつくつ煮込みます。
お醤油で味を調え、煮汁がなくなるまで煮込んで仕上げます。

 

焼きミニトマトのカップリーゼ風

ミニトマトは洗ってヘタを取りオーブンで焼きます。
ミニトマトが破れるぐらいまで焼いて水を切った豆腐と混ぜて、オリーブオイルとお塩で味を調えます。

 

白ねぎ焼そば

ねぎは細く千切りに、椎茸も薄く回し切りします。
フライパンにねぎを入れて弱火で炒めてしんなりしたら椎茸とごま油を加えて炒めます。
お塩で味を調えて茹でたそばを加えて混ぜ合わせます。
お醤油で味を調えて海苔を飾って出来上がりです。

 

ゆでチンゲン菜ピーナッツソース

チンゲン菜は一枚ずつ茹でて、芯から巻きます。
ピーナッツバターにお醤油を加えてソースを作りチンゲン菜にかけます。
刻んだカシューナッツと、クコの実を飾って出来上がりです。

 

 

切り干し大根と小松菜

たまねぎとにんじんを千切りにして、切り干し大根と海藻のあらめと一緒に煮ます。
お醤油で味を調えて仕上げに小松菜を加えて混ぜ合わせて出来上がりです。

 

「Salon de nanadecor」 (表参道/Tea Salon)

ご紹介しているビオ・マルシェの有機野菜を使ったお料理は、表参道にあるオーガニックコットンブランドSalon de nanadecorの「food remedyデイリーランチ」をご注文いただけますと、実際にお召し上がりいただくことができます。(毎週水~金曜日)

nanadecor KITCHEN (ナナデェコールキッチン)

東京都渋谷区神宮前4-22-11 03-6434-0965
営業時間:水曜日〜日曜日 12:00 P.M〜7:00 P.M

レシピ担当:naka mle ( なか みえ )

なかみえさん

マクロビオティックと出会い料理教室を主宰。「自然のリズムで食べてキレイ」というコンセプトをもとに穀物と野菜で作ったレシピは2,000種類に。2015年にはマクロビオティックの知識を暮らしの中に取り入れて暮らしがより豊かになる方法「and MACROBI」を提唱。「家庭料理がカラダとココロのメンテナンスをするお料理人が作れる人、フードレメディストを養成中。

カフェのプロデュースや商品開発、地域活性などのコーディネートとしても活躍中。

著書『キレイになるマクロビ教室』(講談社)、雑誌協力『クーヨン』、他多数。

お料理人 http://miesrecipe.jp/profile/

お知らせカテゴリ一覧

RECIPE|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

オーガニックって何?

オーガニックって何?

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

マルシェ情報

マルシェ情報

NEWS

NEWS

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

季節の手仕事

季節の手仕事

味噌づくり教室

味噌づくり教室

畑イベント

畑イベント

Biomamaclub

Biomamaclub

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

プレスリリース

プレスリリース