メニュー

パスチャライズ牛乳

製造者
  • 木次乳業
原材料
生乳100%

商品説明

ビオ・マルシェオリジナルの「パスチャライズ牛乳」は、島根県木次乳業でつくっています。自然豊かな奥出雲地方で飼育された健康な牛から搾った新鮮な牛乳です。自然な風味・性質、そして栄養を生かすために低温殺菌(パスチャリゼーション、65℃で30分間殺菌)しています。

低温殺菌の牛乳は、タンパク質が熱変動していないので、胃の中でしっかりと固まり胃腸での消化に優しいです。一番分かりやすい違いは風味です。焦げ臭さや甘ったるさ、ネバネバ感などがなく、サラッとしたとても飲みやすい牛乳です。

\お客様の声/

「ビオ・マルシェで扱っている食材で、私の「イチオシ品」は,木次乳業のパスチャライズ牛乳です!牛乳がおいしいと、それを使って作るもの、プリン・ホワイトシチュー・グラタンetc…全ておいしいです。」(M・O様)

木次乳業について

ビオ・マルシェの牛乳を作っている木次乳業は島根県奥出雲にあります。

豊かな水ときれいな空気に育まれる斐伊川流域に点在する牧場から木次乳業のミルクは集められます。それぞれの牧場では青々とした芝で牛たちがのんびりと過ごしています。

普段何気なく飲んでいる牛乳1杯、お客様に安心して飲んでもらうための努力と約50年を誇る木次乳業の想いがつまっています。

日本初のパスチャライズ牛乳

木次乳業はできるだけ生に近い牛乳を提供したいと思い、昭和50年からパスチャライズ牛乳(低温殺菌)に取り組みました。酪農家に、乳搾りの仕方・牛舎の管理方法を徹底し、細菌数を細かく調べて乳質向上を求め、 昭和53年に日本で初めてのパスチャライズ牛乳(低温殺菌)の生産を開始しました。 

餌へのこだわり

皆様にお届けしている乳製品は、すべてNON-GMO(非遺伝子組み換え)の餌で育った牛のお乳からできています。

日本の酪農は多くが海外から餌を仕入れており、たんぱく質や炭水化物、脂肪などの栄養素を含む濃厚飼料の自給はほぼ皆無です。海外から輸入される飼料には遺伝子組み換え技術で生産された穀類が含まれるようになり、非遺伝子組み換えの餌を手に入れること自体が難しくなっています。

木次乳業では耕作放棄地を利用し、牧草を作るなど餌の自給に取り組んでいます海外の牧草だけに頼らなくてもいいように、牧草をラップで巻いて保存した干し草も与えています。

 

関連記事

ビオ・マルシェ オリジナル

乳製品

毎週お届け登録商品