メニュー

お知らせ

2018.9.3 - BIO WEEKLY

今週のBIOWEEKLY:836

秋の稲穂

お届け野菜の情報

有機特選米

新米のお届けがスタートします!

今年は皆様からたくさんのご注文をいただいたことと、例年よりも早く新米の入荷が開始したため、今週から有機特選米に関しては、新米のお届けができるようになりました!
しばらく雨が降らず干ばつ状態が続いたり、台風が連続して上陸したり、今年も大変な異常気象が続きましたが、農家さんたちの努力の甲斐あって、無事に収穫の秋を迎えることができました。
土づくりから、種まき、草とり…と稲の生長を毎日見守ってきた農家さんたちの、愛情たっぷりに育てられた新米。ピカピカの新米の美味しさを、ぜひお楽しみください♪

台風による影響について

先日西日本に上陸した台風20号による強い雨や暴風により、花が落ちてしまったり、実が擦れ、傷ものが多くなってしまったり、ミニトマトに割れが発生し出荷が出来なくなってしまったり…と、果菜類の出荷に影響が出ております。
ご注文にお応えするため、傷が軽度のもの、少し小さいものも含めてお届けさせていただきます。どうかご理解のほど宜しくお願いします。

青森県産のりんごについて

青森県では3年連続となる黒星病という病気がりんご園で大発生している状況です。
この病気はカビが原因の病気で葉を枯らせてしまい、樹全体に拡がれば樹自体も枯らせてしまう病気です。また実を黒くしてしまい、生果での出荷ができなくなってしまいます。
病気が発生した実は食べて害があるものではないのですが、外観が悪くなってしまうために出荷ができません。
また、病気が発生したものを残しておくとそこから他のりんごの樹へ病気をうつしてしまう原因になるために畑に残しておくこともできません。
今まで生産者の方のさまざまな工夫や努力により農薬の使用については、必要最低限に抑えていただいておりましたが、青森県下に黒星病発生の注意報が発令される状況となっており、今期は例年に比べて使用回数を多くせざるをえなくなっております。
このような状況ですが、引き続き美味しい・安心と思っていただけるりんごを皆様へお届けができるよう生産者とともに努力してまいりますので、何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

有機巨峰

予定よりも早く出荷終了となります

カタログvol.837までご案内していた喜多さんの有機巨峰ですが、生育時に雨が少なく、高温が続いた影響で実が大きくならないまま生長が止まってしまい、収穫量が大幅に落ちたため、予定よりも早く出荷が終了となりました。
お届けを楽しみにお待ちいただいていた皆様、大変申し訳ございません。

澤登さんの有機ぶどう

期間限定販売です!

カタログvol.838より有機ブラックオリンピア・有機ピアレスがご注文いただけます♪2週間の期間限定出荷です。
山梨県・澤登さんは、有機ぶどう栽培の第一人者。 ぶどうを栽培する土は、微生物が育って、いつもふかふか。 化学肥料や農薬を使用せず、一房ずつ丁寧に育てあげました。
ブラックオリンピアは、澤登さんが名付けた品種。人気のある巨峰に変わる品種を作ろうとして、栽培に成功したのが東京五輪の年で、ぶどうの色が黒っぽい紫色だったことから、「ブラックオリンピア」と名付けたそうです。
巨峰に匹敵するジューシーさと、抜群の甘みをお楽しみください。

有機ケール

出荷がお休みになります

産地にて虫害が発生しており、収穫量が大幅に減少しております。虫害が収まるまで、出荷を見合わせることになりました。
出荷の再開は9月末頃になる見込みです。お届けを楽しみにお待ちいただいていた皆様、大変申し訳ございません。

有機レタス

検品を強化しながらお届けしています

有機レタスの主産地、長野県の畑でも、気温が高い日が続いております。この時期、露地栽培の有機レタスは栽培が非常に難しい時期で葉が黒く変色してしまう病気や、害虫が発生しやすくなっています。
産地・センターとも検品を強化しながら、お届けさせていただきます。お気づきの点がございましたら、お近くのセンターまでお知らせください。

有機冬瓜

予定よりも早く出荷終了になります

カタログvol.836までご案内しておりました有機冬瓜ですが、産地にて雨が降らず、連日強い日差しにあたったことで、畑で実が白くなる『日焼け』が発生し、今季は予定よりも早く出荷終了となります。
お届けを楽しみにお待ちいただいていた皆様、大変申し訳ございません。

☆マクロビオティック料理研究家「naka mIe」さんの有機野菜レシピ☆

ピーマンと高野豆腐の青椒肉絲風

高野豆腐は細く切って、お醤油と生姜、ニンニクで下味をつけ、片栗粉をまぶして揚げます。
細く切ったピーマンと干し椎茸をさっと炒め、揚げた高野豆腐を加えて炒めます。下味をつけた調味液を加えてお味を調えて出来上がりです。

ジャガイモと玉ねぎのマヨ焼き

食べやすい大きさに切ったジャガイモと玉ねぎをフライパンに入れ、ココナッツオイルとお塩を加えて蓋をして弱火で焼きます。
時々ひっくり返して柔らかくなったらソイマヨ(マヨネーズ)を加えてしばらく焼き、ソイマヨに火が入ったころに混ぜ合わせて出来上がりです。仕上げにバジルやパセリを飾ります。

モロッコいんげんの胡麻和え

さっと茹でて食べやすい大きさに切ったモロッコいんげんと炒ってすったゴマと合わせます。
お醤油で味を調え仕上げに食べやすい大きさに切ったミニトマトを加えて出来上がりです。

里芋の揚げあんかけ

里芋は皮ごと蒸して柔らかくなったら皮をむいて素揚げします。
お出汁に葛粉でとろみをつけたものでしばらく煮ます。器に盛ったらおろし生姜をのせて仕上げます。

水菜と切り干しのナムル風

水菜は食べやすい大きさに切って氷水につけてシャキッとさせます。
戻した切り干し大根と混ぜ合わせて、エゴマ油とお塩で味を調えて出来上がりです。

※ビオ・マルシェの有機野菜を使って、マクロビオティック料理家のnaka mIe(なか みえ)さんにレシピをつくっていただいています。
(お料理びと http://miesrecipe.jp/profile/

BIO WEEKLY

日々、全国各地から畑の情報収集をしている農産担当スタッフが、 旬の野菜や果物の最新情報をお伝えしています。 管理栄養士などによる旬の野菜・果物活用レシピ、スタッフによるおすすめ野菜もご紹介します。

お知らせカテゴリ一覧

NEWS

NEWS

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

季節の手仕事

季節の手仕事

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

RECIPE|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

オーガニックサポーター

オーガニックサポーター

オーガニックって何?

オーガニックって何?

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

マルシェ情報

マルシェ情報

味噌づくり教室

味噌づくり教室

畑イベント

畑イベント

Biomamaclub

Biomamaclub

プレスリリース

プレスリリース