メニュー

お知らせ

2018.8.6 - BIO WEEKLY

今週のBIOWEEKLY:832

農産日記

「8月7日は立秋」
ちょっと外に出ただけで暑い…とつぶやいてしまうほど、毎日のように厳しい暑さが続いていますね。
「暑い」という言葉とともに「美味しいかき氷が食べたい」という言葉が最近私の口癖になっていたのですが、先日のお休みに念願のかき氷を食べにいきました!
やはり皆さん思うことは一緒のようで、私がお店にたどり着いたときには大行列。1時間ほど待って、やっとかき氷にありつけました(笑)
頭がきーんとしながら、味わうかき氷はまさに夏の醍醐味。家にかき氷機が欲しくなりました…。

このようにまだまだ暑さと戦っておりますが、8月7日は立秋、ということで暦の上では秋を迎えます。
ビオ・マルシェの宅配のカタログでもvol.833からは有機さつま芋、vol.834からは有機金時芋と秋の香りを感じさせる甘藷たちが登場します!
これだけ暑いとまだまだ先のように感じますが、秋の香りも少しずつ漂ってきているのですね。これからぞくぞくと登場する秋の味覚もお楽しみに!

お盆休みで今週・来週と帰省やお出かけをされる方も多いかと思いますが、こまめな水分補給で熱中症や日射病には気を付けて、お休みを楽しんできてください♪
(農産担当:小関)

お届け野菜の情報

●すももの品種について

皆さまに途切れなくお届けするため、皮が赤くて果肉が黄色い「大石」をはじめとし、約8種類ほどの品種をリレーしながらお届けさせていただいています。
品種の違いにより、見た目が変わる場合があります。皮が緑色のものをお届けする場合もありますが、未熟果ではなく品種の特徴です。
ご理解いただきますよう、お願いします。酸味が強い場合は、常温で追熟させてから冷蔵庫で冷やしてお召し上がりください。
〈品種のご紹介〉
★大石…皮が赤く、果肉が黄色で、甘み酸味のバランスの良い品種。
★ハリウッド…果皮と果肉が深紅。砂糖漬にすると真っ赤なシロップが出来ます。
★マンチュリアン…若草色で甘くて柔らかい。
★早生月光…皮は黄色がかった赤色、果肉は濃黄色で、あっさりとした味。
★サンタローザ…果皮は鮮やかな赤、黄色の果肉が熟すと最高に甘い香りでおいしい品種。
★ソルダム…果皮が青いけれど果肉が紅くておいしい品種。
★太陽…大きくて果皮が紅いが果肉は白くて、熟すと最高に美味しい品種。

●幸水

カタログvol.834でご注文いただけます!
やわらかい果肉で果汁たっぷり!ひと口食べると濃厚な甘みが広がる幸水梨。カタログvol.834で奈良県・和歌山県・三重県に畑が広がる王隠堂農園からお届けできることになりました!
夏の疲れたカラダに果汁が沁みわたる、みずみずしい幸水梨をお見逃しなく!

●有機国立シードレス

期間・数量限定出荷です!
有機ぶどう栽培の第一人者、山梨県・澤登さんの有機国立シードレスがカタログvol.834/835の2週間限定出荷です。化学肥料や農薬を使用せず、一房ずつ丁寧に育てあげました。
国立シードレスは、生まれつき自然に種のできない種なしぶどう。香りが高く、甘みと酸味のバランスが取れた希少な有機白ぶどうです。
栽培量が少ないため、数量限定での販売になります。この機会をお見逃しなく!

●有機ブロッコリー

花蕾の大きさについて
夏場のこの時期、有機ブロッコリーを栽培する塩尻有機栽培研究会では途切れることなく皆さんにお届けするため、栽培時期によって、さまざまな特性をもった品種を栽培しています。
真夏の時期には温度に鈍感な品種を選んだり、気温が下がれば低温に耐性がある品種を選んだりと、品種選びにも一苦労です。
そして、現在お届けしている品種は、温度に鈍感な品種です。この品種は、花蕾が小さく育つのも特性のひとつです。
冬場のブロッコリーに比べて、少し小さいと感じられるかと思いますが、夏の暑さにも負けず育った貴重な有機ブロッコリーです。ご理解いただきますよう、お願いします。

●有機きゅうり

中の変色・スについて
「切ってみると茶色くなっていた、スが入っていた」というお声をいただきました。大変申し訳ございません。
健康な畑で育ったきゅうりでも、大きくなる過程で気温・天候などによりこうした生理障害が発生する場合がございます。
産地・センターともに1本1本、より丁寧な検品でお届けをさせていただきます。お気づきの点がございましたら、お知らせください。

●葉野菜の虫くいについて

ビオ・マルシェの生産者の畑のうえには、アオムシやタバコガの幼虫、ヨトウムシ、アブラムシなど、周りの畑よりもいろいろな生き物たちがやってきます。
温暖化も影響してか、長野県の産地でも発生が増えており、農家さんも頭をかかえている状況です。今後も、畑の作物を食い荒らす虫の発生が増えることが予想されます。
皆さんの食卓を支えるために、有機の畑で育った貴重な一個。産地・センターともに選別しながら、軽度のものはお届けさせていただきます。どうかご理解よろしくお願いいたします。

●桃

少ない状況です
今年は例年よりも生育が早く、お届け自体も早まった影響で、現在収穫している畑の収穫量が予定よりも少なくなっております。日によってはお届けが出来ない日もございます。
お届けを楽しみにお待ちいただいていた皆様、申し訳ございません。何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

●軟弱野菜たち

傷みやすいシーズン
猛暑日が続き、ちょっとした傷から傷みが広がったり、輸送中の温度変化により黄変や、害虫の食害・病気が発生しやすい時期です。
ビオ・マルシェでは、収穫してからお届けするまで、お野菜をずっと低温管理していますが、輸送中やお届け先で少しでも外気温にふれると、傷みや黄変が進むことがあります。
お届けしたお野菜はできるだけ早く、冷蔵庫か涼しい場所に保管してください。
特に、水菜・ニラなどの軟弱野菜、カットしてお届けしているキャベツ・南瓜・大根などはすぐ冷蔵庫に入れ、早めにお使いいただきますようお願いします。
さっと茹でて、小分けにして冷凍すると、すぐに使うことができて便利です。

農産担当 小関の☆旬の野菜活用レシピ♪☆

農産日記から暑い暑いとつぶやいておりますが(笑)、毎日の食事の中でなんだかさっぱりしたものを無性に取り入れたくなるこの頃。
そんなときに真っ先に思い浮かぶ夏野菜はきゅうり!
私は普段サラダや浅漬け、ぬか漬けなどで食べているのですが、最近はそこから一歩踏み出して、ちょっとひと手間加えたいな…という料理欲がふつふつと沸いてきました!
そこで今回はきゅうりを使ったレシピをご紹介したいと思います♪

<香味おかかきゅうり>
【材料】きゅうり…2本、にんにく(みじん切り)…1片、生姜(みじん切り)…1片、削り節…1パック(2g)、酒、しょうゆ、みりん…各小さじ1、塩…小さじ1/2
①きゅうりに塩をふってまな板の上で転がして板ずりをする。水で洗って水気をとる。
②①のきゅうりをみじん切りにする。
③ボウルに材料を全て合わせ、混ぜる。
※しばらくおいてからいただくのがおすすめです!

<山形だし>
【材料】なす…1個、 きゅうり…1本、オクラ…5本、みょうが…2個、大葉…5枚、たまねぎ…1/4個、鷹の爪…1~2本、A[だし汁(顆粒だし小さじ2+水)…100ml、酢…小さじ2]、塩…小さじ1~2、砂糖…小さじ1
①オクラは塩で揉んで産毛を落とす。(ちくちくする場合)
②野菜・薬味を小さく刻み、鷹の爪は小口切りにして、ボウルに入れる。
③Aを合わせ②に回しかけて野菜を和えたら、保存容器に移し替える。

<たたききゅうりの梅ナムル>
【材料】きゅうり…2本、白いりごま…適量、A[梅干し… 2個、ごま油…小さじ1、砂糖…小さじ1、醤油…小さじ1]
①きゅうりはめん棒でたたき、5cm程の長さに切る。梅干しは種を取り除き、包丁で叩いてペースト状にする。
②ボウルにAを入れて混ぜ、きゅうりを加えて混ぜる。
③器に②を盛り、白いりごまをふる。

BIO WEEKLY

日々、全国各地から畑の情報収集をしている農産担当スタッフが、 旬の野菜や果物の最新情報をお伝えしています。 管理栄養士などによる旬の野菜・果物活用レシピ、スタッフによるおすすめ野菜もご紹介します。

お知らせカテゴリ一覧

NEWS

NEWS

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

季節の手仕事

季節の手仕事

畑イベント

畑イベント

マルシェ情報

マルシェ情報

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

オーガニックって何?

オーガニックって何?

Biomamaclub

Biomamaclub

プレスリリース

プレスリリース