メニュー

お知らせ

2018.7.2 - BIO WEEKLY

今週のBIOWEEKLY:827

農産日記

「ビオ・マルシェの夏ギフトをどうぞ!」
朝晩涼しい気候が続き、梅雨なのに雨が続かず変な天候だなぁとついこの間まで思っていたのですが、先週になり急に一点晴れ続き。
気温も30度を超す日が続き、急な天候の変化に体もなかなかついていきませんでした。あまりの暑さにエアコンを作動させてこの暑さをしのぎました。
沖縄や奄美地方では梅雨明けしたようなので、こちらの梅雨明けの日も近いのでしょうか?
さて、先日ここでぬか床に挑戦すると公言しておりましたが、先週材料を調達しました。
予定では先週末にぬか床が完成しており、次回のこの場では完成して、ぬか床ライフを満喫していることがご報告できるかと思います。現状まだ作っておらず、これからなのであくまでできているだろう、という推測です。
自他ともに認める怠け太郎なので有言不実行ではなく、有言実行になるようにしたいと思います。

夏がもう目の前まで来ておりますが、お中元の準備はお済みでしょうか?
日頃お世話になっている方への気持ちやちょっとしたお礼にもこの機会にいかがでしょうか?現在お中元のご注文を承っており、7月6日(金)までにご注文をいただくと5%割引の早期割引キャンペーンを実施しています。
有機野菜や有機加工食品をはじめ、様々なものが揃っておりますので、この機会にビオマルシェの夏ギフトをご活用ください。
(農産担当:宮澤)

お届け野菜の情報

●有機バナナ

カタログvol.828はお買い得です♪
人気の有機バナナがカタログvol.828にて、特別価格でのご案内です!
バナナ本来の甘みを引き出すために、現地では昔ながらの室でひと箱ずつ手積みをし、貯蔵しています。
甘みと酸味のバランスが絶妙で爽やかな後味が美味しい有機バナナです♪ぜひこの機会をお見逃しなく!

●有機枝豆

新鮮なうちに召し上がれ!
お届けした枝豆、冷蔵庫で何日もほうったらかし・・・なんてことありませんか?
枝豆は、収穫してからも呼吸を続け、そのまま放置すると発熱し、鮮度が落ちやすいお野菜です。
畑でとれたての、甘みや旨みを楽しんでいただくために、お届け後は、できるだけ早く調理してあげてください。
塩茹ではもちろん、枝豆を塩もみし、フライパンに蓋をして約7分ほど蒸し焼きにする方法がおススメです。残った枝豆は、冷凍すればお料理の彩りや、豆ご飯に重宝しますよ。

●有機きゅうり

一部野菜セットにて四葉きゅうりをお届けします
一部野菜セットにて四葉きゅうり(スーヨーきゅうり)をお届けします。
四葉きゅうりは、シャキシャキとした食感と皮目のやわらかさが特長で、ほんのりとした甘さがあります。
一般では産地から流通する際に四葉きゅうりならではのとげとげが落ちてしまうため、なかなか取り扱われない珍しい品種です。
まずは生で丸かじりやサラダでお楽しみください♪

●有機バジル

カタログ初登場です!
カタログvol.829にて、有機バジルが初登場!
イタリア料理やエスニック料理には欠かせない有機バジル。あまり知られていませんが、実は暑くなるこの時期に旬を迎えます。カロテンやビタミンをたっぷり含み、栄養価抜群の野菜でもあります。
脇役的な存在ですが、バジルがあるのとないのとでは大違い。少量加えるだけでも爽やかな香りがお料理を引き立ててくれます。
ぜひこの旬の時期に様々なお料理でお楽しみください♪

●有機オクラ

表面の黒い斑点について
オクラが生長する段階で、雨風の影響で傷ができ、その傷が変色すると黒っぽい斑点が出来てしまうことがあります。
食味には問題ない症状のため、軽度のものはお届けさせていただきます。予めご了承いただきますようお願いいたします。
何かお気づきの点がございましたら、各センターまでご連絡お願いいたします。

●有機レモン

芯の部分が変色している
お届けした有機レモンを切ってみると、芯の部分が変色しているというお声をいただきました。
これは果肉自体が成熟し、レモンに含まれる糖分の割合が増え、酸が減ることによって、果実の細胞を構成するたんぱく質などの含有量や性質に変化が起こることで、発生する症状と考えられています。
各センターで検品を強化し、お届けさせていただきますが、外観からは判断が難しい症状になります。
お届けの際、お気づきの点がございましたら、各センターまでご連絡いただきますようお願いいたします。

●きのこ類

保存に注意!
気温が高くなってくると、葉野菜だけでなく、きのこも保存に注意が必要です。そのまま置いておくと、カサの裏側や表面が黒くなるといった傷みが出やすくなってしまいます。
きのこは湿気が多いと傷みやすくなるので、袋からとりだし、キッチンペーパーなどにくるみタッパーや鮮度保持袋へ入れ、冷蔵庫の野菜室で保存したり、冷凍で保存するのもおすすめです。
他のお野菜と同じく、長期の保存は避け、できるだけお早めにお召し上がりくださいね。

\管理栄養士 西岡の/旬の野菜活用レシピ

今日は手抜きしたいなぁ・・・という日ありますか?

じめじめ暑い梅雨。仕事・育児・家事・・・疲れ果てて、手抜きしたい日、私にはよくあります(よくというか毎日?)。

ごはん作りたくない、洗いものも最小限にしたい、でも、手抜き感出したくないし、栄養バランスも気になるし。
今回は、そんな日にぴったりな、レンジやオーブン調理で簡単にでき、洗いものも最小限、栄養バランスまでよいレシピをご紹介します!

<オーブントースターで☆「夏野菜のホイル焼き」>
【材料】ミニトマト・玉葱・キャベツ・オクラ・ブロッコリー・ズッキーニなどの野菜…適量、ツナ(カジキマグロオイル漬)…適量、粒マスタード・おろしにんにく・黒こしょう…適量
①野菜を食べやすい大きさに切り、ツナの油は軽く切っておく。
②粒マスタード・おろしにんにくは混ぜておく。
③①と②をアルミホイルに包み、オーブントースターで10分程度焼く。
④食べる前に、お好みで黒こしょうをふる。
※ホイル焼きは本当によく作ります!味付けはバター醤油も手軽でおいしいですよ。

<電子レンジで☆「豚肉と細切り野菜のレンジ蒸し~ニラだれ~」>
【材料】にんじん・ぶなしめじ・もやし・玉葱・レタスなどの野菜…適量、豚肉しゃぶしゃぶ用…適量、カットわかめ(乾燥)…適量、ニラ…1/2束、塩こしょう…少々、A[醤油大さじ…1、酢・ごま油・すりごま…各大さじ1/2]
①かぼちゃをスライスし、電子レンジでチンするか、蒸して柔らかくしておく。
②フライパンにオリーブオイルを入れて、焼き目がついたら醤油・みりん・酒を加えてからめ、1~2分程度加熱して水気を飛ばす。 最後に白ごまをふる。

<オーブンで☆「野菜のグリル」>
【材料】ズッキーニ・南瓜・ミニトマト・玉葱・ブロッコリー・オクラ・キャベツ・ぶなしめじなどの野菜…適量、鶏もも肉…適量、塩・こしょう…適量、オリーブオイル…適量
①オーブンを200℃の余熱に設定する。天板にオーブンシートを敷く。
②火が均一に通るよう、硬い野菜は薄めに、柔らかい野菜は大きめに切っておく。鶏肉は一口大に切る。
③②の具材をオーブンシートの上に均等に散らしながらのせる。
④塩こしょうを強めにふり、オリーブオイルを回しかける。
⑤200℃に熱したオーブンで約15分程度焼く。
※今話題の「ぎゅうぎゅう焼き」。切って焼くだけなのに何だか豪華に見える!

BIO WEEKLY

日々、全国各地から畑の情報収集をしている農産担当スタッフが、 旬の野菜や果物の最新情報をお伝えしています。 管理栄養士などによる旬の野菜・果物活用レシピ、スタッフによるおすすめ野菜もご紹介します。

お知らせカテゴリ一覧

NEWS

NEWS

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

オーガニックサポーター

オーガニックサポーター

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

REPORT|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

オーガニックって何?

オーガニックって何?

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

マルシェ情報

マルシェ情報

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

季節の手仕事

季節の手仕事

味噌づくり教室

味噌づくり教室

畑イベント

畑イベント

Biomamaclub

Biomamaclub

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

プレスリリース

プレスリリース