メニュー

お知らせ

2018.6.18 - BIO WEEKLY

今週のBIOWEEKLY:825

農産日記

「今年もぬか漬けに挑戦!?」
先週は久しぶりの台風ニュース。大きな被害はでていないようですが、 各地で梅雨入りしたと同時に今年も台風シーズンがやってきたなと感じさせられました。
今までは週間天気予報ばかりみていましたが、今後は台風情報も要注意です。
そして先週からいつの間にか?ですがサッカー男子のワールドカップ開幕。個人的には野球をやっていた身なので、プロ野球の交流戦ばかりが気になっています。がんばれ燕!!

居酒屋に行くと、漬物をよく注文することがあります。注文をして漬物でもぬか漬けが来ると「ヤッター!!」と心の中でガッツポーズです。
お酒を飲みながら、ぬか漬けをいただいていると、恒例のぬか漬けを始めよう意欲がふつふつと沸いてきます。お酒を飲んでいることもあってかそのときの意欲はとっても強く、その場で始めたいと思うくらいです。
ですが、自宅に帰って眠ってしまうと、次の朝にはすっかりその意欲は弱まってしまっています。がしかし、ぬか漬けを始める火種は常に残っていますのでこの気持ちを奮い立たせて、挑戦したいと思います。
過去何度もぬか床をダメにした前科もちですが、今年こそは継続です!冷蔵庫に入れておくと少々ぬか床を返さなくてもよいそうなのでそれを見習って頑張りたいと思います。

夏野菜のきゅうりやオクラなどが始まっていますので、夏野菜からスタートです!!出来上がりがいまから楽しみ!
(農産担当:宮澤)

お届け野菜の情報

●小玉すいか

カタログvol.826/827の2週間限定でお届けです!
暑くなってくると、かぶりつきたくなるすいか。カタログvol.826/827の2週間限定でのご案内です!
小玉すいかは、通常の大玉すいかに比べるとひと回りほど小さく、バレーボールほどの大きさですが、皮が薄く、果肉がたっぷり詰まっています。
生産者の堀さんは、病気が出やすいといわれるすいかを農薬の使用を最小限に抑え、20年以上小玉すいかを栽培しています。
たっぷり果肉を堪能したあとのすいかの皮も漬物やピクルスにして美味しくいただけますよ♪ぜひこの機会をお見逃しなく!

●梅雨時期のお野菜の保存について

じめじめムシムシ、人も体調をこわしやすい梅雨の時期。作物にとっても、ちょっとした傷から傷みが広がったり、病気の発生が心配される時期になります。
また、曇りが続いた後、急に太陽が照り気温が上がると、柔らかく育ったレタスなどの葉っぱがしおれやすくなってきます。さらに、輸送中やお届け先で少しでも外気温にふれると、傷みや黄変が進むことがあります。
お届けしたお野菜はできるだけ早く、冷蔵庫か涼しい場所で保管してください。特に、水菜・ニラなどの軟弱野菜、カットしてお届けしているキャベツなどはすぐ冷蔵庫に入れ、早めにお使いいただきますようお願いします。

●有機青梅

梅干し用vol.826までのお届けです
先日からご案内しております有機青梅。カタログvol.826までのお届けになります。塩漬けして干して…と少し手間ひまかかりますが、自分で漬けた梅干しの美味しさは格別です!
毎年作られている方も今年初めて作ってみようかなーと思っている方もぜひご注文お見逃しなく!

●葉野菜の虫くいについて

虫がいるのは安全な証拠…とわかっていても、なかなか手が出にくいですよね。
ビオ・マルシェの生産者の畑には、いろいろな生き物たちがやってきます。アオムシやタバコガの幼虫、ヨトウムシなど、温暖化も影響してか、年々発生が増えており、農家さんも頭をかかえています。
これから気温が上がるにつれ、畑の作物を食い荒らす虫の発生が増えることが予想されます。
皆さんの食卓を支えるために、有機の畑で育った貴重な一個。産地・センターともに選別しながら、軽度のものはお届けさせていただきます。どうかご理解よろしくお願いいたします。

●青ねぎ

白い傷・軽度のものはお届けさせていただきます
「スリップス」はねぎ類につく虫で、葉の表層をなめたり、吸汁して葉の組織を傷つけ、青ねぎに白い傷のようなものをつけてしまいます。
夏の暑い時期に発生しやすく、有機栽培では完全に発生を防ぐことができない虫です。
気温が上がるにつれ、被害が増えることが予想されますが、食味には問題がない、軽度のものを選別しながらお届けさせていただきます。ご理解いただきますよう、お願いいたします。

●平飼いたまご

品質が変わりやすい時期です
平飼いの鶏舎でゆうゆうと暮らしている鶏たち。実は、ストレスに弱く、気温の変化にも敏感です。暑くなるとえさを食べる量や産卵量が減り、卵の質にも変化がでてきます。卵がいつもより白っぽくなったりします。
ビオ・マルシェの平飼いたまごは、非遺伝子組み換え・収穫後農薬不使用のえさだけを食べ、広い鶏舎でやさしく育てた親鶏たちのたまごです。工業製品ではないので、鶏たちの状態によっても日々変化しています。
お気づきの点、不安に思われた点などございましたら、スタッフまでお声かけください。

●きのこ類

保存に注意!
気温が高くなってくると、葉野菜だけでなく、きのこも保存に注意が必要です。そのまま置いておくと、カサの裏側や表面が黒くなるといった傷みが出やすくなってしまいます。
きのこは湿気が多いと傷みやすくなるので、袋からとりだし、キッチンペーパーなどにくるみタッパーや鮮度保持袋へ入れて冷蔵庫の野菜室で保存したり、冷凍で保存するのもおすすめです。
他のお野菜と同じく、長期の保存は避け、できるだけお早めにお召し上がりくださいね。

\管理栄養士 西岡の/旬の野菜活用レシピ

ビタミンCの神様!「ブロッコリー」

ビタミンCというと、レモンのイメージでしょうか?いえいえ、ビタミンCといえば「ブロッコリー」とお答えください!

なんと、ブロッコリーのビタミンC含有量はレモンの約2倍。ただ、ビタミンCは熱に弱く、水溶性で水に溶けだしやすいので、調理方法を工夫さえすれば効率よく摂取することができます。
また、ブロッコリーはかために茹で、そのまま保存袋などに入れて冷凍保存すると、1か月程度は日持ちします。冷凍ブロッコリーはそのまま刻んでオムレツに入れたり、シチューやスープなどの煮込み料理に。
また、お弁当なら、アルミカップにマヨネーズをしき、冷凍ブロッコリーをのせるだけ。保冷剤代わりにもなります。今回は、ブロッコリーのビタミンCをたっぷりいただくためのおいしいレシピをご紹介します。

<蒸しゆでブロッコリーのわさび醤油漬け>
【材料】ブロッコリー…1/2株、醤油…小さじ2、わさび…適量、かつお節…少々
①ブロッコリー小房に分ける。フライパンにブロッコリーと塩ひとつかみ(分量外)を入れ、半分つかるくらいの水を注いで強火にかけ、ふたをして3分ほど蒸す。
②わさび醤油に1時間ほど浸ける。 器に盛り、仕上げにかつお節をかける。
※蒸しゆではビタミンの流出を防ぎますし、お湯を沸かす時間も短縮できるおすすめの調理法です!

<ブロッコリーのポタージュ>
【材料】ブロッコリー…1/2株、玉葱…1/4個、牛乳…300ml、野菜ブイヨン…小さじ1、塩・こしょう…適量
①玉葱は薄切り、ブロッコリーは小さめの小房に分け、耐熱容器に入れて、ふわっとラップをかけて、電子レンジで1分ほど加熱する。
②ミキサーに、牛乳と①を入れて撹拌する。
③鍋に②と野菜ブイヨンを入れて沸騰するかしないか程度の火加減で温め、塩・こしょうで味を整える。
※電子レンジ加熱は短時間で火が通り、ビタミンCが溶け出しにくいのが特徴。スープなら、食感を気にしないので、冷凍ブロッコリーをそのまま使っても便利ですね。

<ブロッコリーと豚肉のチーズフライ>
【材料】ブロッコリー…1/2株、豚ロース肉(ブロッコリー1房に対し1~2枚程度)…150g程度、チーズ・塩こしょう・小麦粉・卵・パン粉・ケチャップ・油…適量
①ブロッコリーを小房に切り分ける。 豚肉1枚に塩こしょうをし、チーズとブロッコリー1房をのせ、くるくると巻く。(ブロッコリーが隠れるように、豚肉1~2枚使用して巻く。)
②小麦粉・卵・パン粉の順につけ、油で3~4分揚げる。 半分に切り分け、ケチャップをつけていただく。
※我が家での鉄板レシピ!断面がかわいいので、おもてなしにも。油で揚げる方法は、水に溶けだしやすいビタミンCの流出を防ぎます。

BIO WEEKLY

日々、全国各地から畑の情報収集をしている農産担当スタッフが、 旬の野菜や果物の最新情報をお伝えしています。 管理栄養士などによる旬の野菜・果物活用レシピ、スタッフによるおすすめ野菜もご紹介します。

お知らせカテゴリ一覧

NEWS

NEWS

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

季節の手仕事

季節の手仕事

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

RECIPE|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

オーガニックサポーター

オーガニックサポーター

オーガニックって何?

オーガニックって何?

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

マルシェ情報

マルシェ情報

味噌づくり教室

味噌づくり教室

畑イベント

畑イベント

Biomamaclub

Biomamaclub

プレスリリース

プレスリリース