メニュー

お知らせ

2021.4.12 - BIO WEEKLY

今週のBIOWEEKLY:116

トマトイメージ

お届け野菜の情報

有機トマト

熊本県よりお届け開始です♪

熊本県・肥後あゆみの会からカタログNo.118より有機トマトの出荷が始まります。
自家製ぼかし肥料と掘り起こしたタケノコ、山菜、美しい川の上流でとれたクレソンなどから抽出した天然エキス「天恵緑汁」を肥料に使い栽培されたトマト。ほおばると口いっぱいに香りと濃い味が広がります。
この時期のトマトは、寒い時期から春にかけゆっくり時間をかけて大きくなるので、果肉がしっかりしているのが特徴。
生でそのままガブッと食べるのももちろん美味しいですが、トマトは、油とともに加熱調理することで、栄養の吸収率が上がり、旨味も濃縮されて美味しくなります。
トマトソースやスープ、炒め物などぜひ美味しいこの時期に様々なお料理でお召し上がりください。

有機新たまねぎ

保存は涼しいところで!

新玉ねぎは、貯蔵の黄玉とよばれる茶色い玉ねぎに比べると水分がたっぷりでやわらかいので、日保ちはあまりよくありません。
できるだけ早くお召し上がりいただき、何日か置かれる際には、紙に包んで冷蔵庫に入れる・風通しが良く日差しのない涼しい部屋に置くなど、温度が上がりすぎない場所で保管して下さい。
スライスして、オリーブオイル・お酢・塩コショウでマリネにしておくとサラダや炒め物ですぐに使えて便利です。

有機サニーレタス

実は栄養素の宝庫!

カタログNo.118から関西産地・長野県の産地より有機サニーレタスの出荷が始まります。
サニーレタスはカロテンが多く含まれることから緑黄色野菜に分類され、玉レタスに比べてビタミンCやE、カリウム、カルシウムも多く含んでいる栄養価の高い野菜です。サラダやサンドイッチはもちろん、スープの具材、チャンプルーなどの炒め物にも活躍します。ぜひこの旬の時期にたっぷりお召し上がりください!

わらび、山ぶき

あく抜きして、お召し上がりください♪

カタログNo.118では春の山菜わらびと山ぶきをご案内しております。
どちらもあくが強い食材ですが、しっかりとあくを抜くことで山菜おこわやおひたし、ご飯のおかずとして美味しくいただけます。
ご家庭であく抜きをしてお召し上がりください。

★「わらび」あく抜きの方法★
バットにわらびを並べ、一緒にお届けした灰(または重曹)を適当な量まぶして、95℃のお湯を注ぎ、わらびがお湯からでないように落し蓋をして一晩置きます。よく水洗いしてご利用ください。

★「山ぶき」あく抜きの方法★
山ぶきを鍋に入る長さに切り、塩をまぶして板ずりをする。その後しんなりするまで茹で、水にさらしながら皮をむく。

BIO WEEKLY

日々、全国各地から畑の情報収集をしている農産担当スタッフが、 旬の野菜や果物の最新情報をお伝えしています。 管理栄養士などによる旬の野菜・果物活用レシピ、スタッフによるおすすめ野菜もご紹介します。

お知らせカテゴリ一覧

NEWS

NEWS

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

オーガニックって何?

オーガニックって何?

よくわかる ビオ・マルシェの宅配サービス

よくわかる ビオ・マルシェの宅配サービス

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

季節の手仕事

季節の手仕事

RECIPE|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

味噌づくり教室

味噌づくり教室

オーガニックライブ2020

オーガニックライブ2020

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

マルシェ情報

マルシェ情報

畑イベント

畑イベント

Biomamaclub

Biomamaclub

プレスリリース

プレスリリース