メニュー

お知らせ

2020.10.19 - BIO WEEKLY

今週のBIOWEEKLY:043

クレソン

お届け野菜の情報

有機クレソン

清涼感を楽しんで♪有機クレソンが今季初出荷です♪

カタログNo.045よりご案内します有機クレソン。付け合わせのイメージが強い野菜ですが、実は様々な栄養成分を豊富に含んでいる野菜です。爽やかな香りと大根のような優しい辛味が特長です。
クレソンのピリッとした辛みを楽しむなら、ベーコンや柑橘類とともにサラダにするのがおすすめです。
香りと清涼感を楽しむならしゃぶしゃぶでいただくのがおすすめ。ごまだれに付けていただけば、豚肉のこってり感を和らげてくれます。
この機会にぜひ有機クレソンをお試しになってはいかがでしょうか。

有機れんこん

表面・切り口が黒いのは『タンニン鉄』によるものです

れんこんの表面や切り口が、赤色や黒褐色、黒紫色に変色していることがあります。
これは、表面についた土の鉄分が酸化した「酸化鉄」の色もしくは、れんこんの組織中に含まれるタンニンという成分が、土から吸収した鉄分と結合してタンニン鉄になり、変色したものと思われます。どちらも食べていただくのに問題はありません。
タワシで洗っていただくか、酢水の中に浸していただければある程度は落とすことができますよ。

お野菜の保存について

夜間は冷え込み、秋を感じるようになったこの頃。昼夜の気温差に体調を崩してしまう方も多い季節です。
野菜も気温の変化に弱く、まだ日中の暑いこの季節は輸送中やお届け先で少しでも外気温にふれると、傷みや黒ずみ、カビが進むことがあります。
レタス類や青じそなどの葉野菜や、カットしてお届けするキャベツや南瓜(種やわたを取ってから)などはできるだけ早く冷蔵庫へ。
また生姜や坊ちゃん南瓜などについても、冷蔵庫にて保管し、早めにお使いいただくようお願いいたします。

有機柚子

少ない状況です

高知県の産地からお届けしております有機柚子は畑にて虫害が発生しており、品質が低下しているため出荷量が減少しております。
これによりお届け出来ない場合がございます。楽しみにお待ちいただいていた皆様、大変申し訳ございません。

☆農産担当・永瀬の旬の野菜活用レシピ☆

爽やかな香りと白味噌の甘み♪「有機里芋と国産有機レモンの白味噌汁」

気温が下がり、体調を崩しやすいこの季節。温かくて甘いものが食べたくなる方も多いのではないでしょうか。そんなときにぴったりの白味噌汁の紹介です。滑らかな舌触りの里芋と甘い白味噌は体を芯から温め、レモンの皮の香りが食欲をそそります。有機栽培のレモンだからこそ安心して料理に使用できるというもの。余った果肉は次に紹介している「秋の味覚バターソテー」にご使用ください。
★有機里芋と国産有機レモンの白みそ汁★
【材料】(3~4人分)
有機里芋…8個程度、有機大根…1/4本、有機人参…1/2本、有機レモン(皮)…適量、だし汁(かつおと昆布でとる)…600ml、有機白味噌…大さじ3~4
【作り方】
①里芋の皮をむき、半分に切る。大根、人参はそれぞれ3cm長さの短冊切りにする。
②だし汁に里芋を入れ、火が通るまで煮る。
③大根、人参を入れ加熱し、火を止め、白味噌を溶き加える。
④お椀に盛り、レモンの皮をすりおろして完成。

旬の食材てんこ盛り♪「秋の味覚バターソテー」

「食欲の秋」とはよく言ったもので、芋類、栗、南瓜、きのこ類、柿、梨などなど…秋は挙げればきりがないほど美味しい野菜、果実であふれている季節です。今回はそんな秋の味覚を一度に味わえるバターソテーをご紹介いたします。うま味の豊富な食材のオンパレードはビールのおつまみとして、ご飯のお供として最適です。
★秋の味覚バターソテー★
【材料】(2人分)
秋鮭切り身…2切れ、有機安納芋…1/2本、有機松本一本ねぎ…1/2本、しめじ…1/2パック、国産有機薄力粉…適量、南箱根の厳選バター…10g、サラダ油…小さじ1、有機醤油…大さじ2、有機本みりん…大さじ1、塩・コショウ…少々、有機レモン…1/4個(お好みで)
【作り方】
①鮭を食べやすい大きさに切る。松本一本ねぎは3cm程度の長さに切る。しめじは石づきを取り、手でほぐす。安納芋は1.5cm厚の半月切りにし、電子レンジ500wで3分ほど加熱し、火を通す。
②鮭に塩・コショウをし、薄力粉をまぶす。別のボウルで安納芋、しめじも薄力粉をまぶす。
③フライパンでバター、サラダ油を熱し、泡が立ってきたら鮭、松本一本ねぎ、安納芋、しめじを並べ、中火ですべての材料に焼き色がつくまで焼く。
④醤油、みりんを加え、全体にからめて完成。さっぱりいただきたい方はレモンを絞ってもおいしくいただけます。

有機れんこん「揚げてサクサク♪有機れんこんのオイスターソース炒め♪」

れんこんは多彩な食感が楽しめる野菜の一つです。薄くスライスして酢の物にすればシャキシャキ食感、焼くことで糸引くようなもっちりとした食感。油で揚げることでチップスのようなサクサクとした食感をそれぞれ楽しめます。今回はその中でも「サクサク食感」を味わえる一品をご紹介いたします。
★有機れんこんのオイスターソース炒め★
【材料】
アメリカ産 ポークバラスライス…180g、有機れんこん…100g程度、有機ピーマン…2個、有機にんにく…1片、有機生姜…10g程度、有機金ごま油…適量、A[有機純米料理酒…大さじ1、オイスターソース…大さじ1、有機醤油…小さじ1/2]、有機片栗粉…適量、有機ごま…適量、塩・コショウ…適量
【作り方】
①れんこんを5mm厚にスライスする。豚肉は食べやすい大きさに切り、塩、コショウで下味をつける。ピーマンは縦1/8程度に切り揃える。にんにく、生姜はそれぞれみじん切りにする。
②れんこんに片栗粉をまぶし、160℃の油で揚げる。
③ごま油でにんにく、生姜を炒め、いい香りがしてきたら豚肉、ピーマンを加えて炒める。
④Aの材料を加えて炒め、②のれんこんを加えてサッとからめ、ごまをふって完成。

BIO WEEKLY

日々、全国各地から畑の情報収集をしている農産担当スタッフが、 旬の野菜や果物の最新情報をお伝えしています。 管理栄養士などによる旬の野菜・果物活用レシピ、スタッフによるおすすめ野菜もご紹介します。

お知らせカテゴリ一覧

オーガニックライブ2020

オーガニックライブ2020

NEWS

NEWS

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

季節の手仕事

季節の手仕事

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

RECIPE|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

オーガニックサポーター

オーガニックサポーター

オーガニックって何?

オーガニックって何?

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

マルシェ情報

マルシェ情報

味噌づくり教室

味噌づくり教室

畑イベント

畑イベント

Biomamaclub

Biomamaclub

プレスリリース

プレスリリース