メニュー

お知らせ

2020.6.15 - BIO WEEKLY

今週のBIOWEEKLY:025

とうもろこし

お届け野菜の情報

有機とうもろこし

今季初出荷!甘くてジューシーな有機とうもろこしをどうぞ♪

カタログvol.027より有機とうもろこしをご案内いたします。
毎年この季節に大人気の有機とうもろこしを出荷していただいている滋賀県・垣見農園。種蒔きから収穫までの生長の様子を生産者の垣見さんにご協力いただき、ビオマルシェの宅配ホームページ内にて随時ご紹介しております。
第四弾となった今回は「受粉、害虫と益虫」について紹介しております。ぜひこの機会にこちらからご覧ください。

有機じゃが芋

切ったら中が黒くなっていた…

「有機じゃが芋を切ってみたら中心部分が黒や茶色に変色していた。」とのお声をいただいております。大変ご迷惑をおかけし、申し訳ありません。
干ばつや高温などの状況下でじゃが芋が窒息状態になることで発生する「黒色心腐」という生理障害が疑われます。外見からは無症状のものと見分けがつかず、出荷時の検品が難しいためお手元へ届いてしまう可能性がございます。
お気づきの点がございましたら、お手数ではございますが、担当窓口まで問合せをお願い申し上げます。

有機ヤングコーン

少ない状況です

カタログvol.025よりご案内しております有機ヤングコーンは生育が遅れており一時的に出荷量が減少しております。これによりお届け出来ない場合がございます。
お届けを楽しみにお待ちいただいていた皆様、大変申し訳ございません。

有機カラーピーマン、有機南瓜

少ない状況です

カタログvol.025よりご案内しております有機カラーピーマン、有機南瓜は九州の4月の気温が低く、雨不足も続いたことにより生育が遅れており出荷量が減少している状況です。これによりお届け出来ない場合がございます。
お届けを楽しみにお待ちいただいていた皆様、大変申し訳ございません。

有機サラダ菊菜

少ない状況です

島根県の産地よりお届けしております有機サラダ菊菜はここ数日の気温上昇により傷みが出ており、出荷量が減少しております。これによりお届け出来ない場合がございます。
お届けを楽しみにお待ちいただいていた皆様、大変申し訳ございません。

レタス類

傷みやすい時期です

気温が急に上がり、ざっと雨がふり…自然界の植物や作物の生長にとって 欠かせない温度や水分ですが、傷みの原因となってしまう場合があります。
特にレタス類は、ちょっとした傷から病気が広がったり、外葉を一枚めくるとトロケていた、めくってもめくっても葉先が黒っぽく傷んでいた…なんてことが起こりやすいのです。
畑・センターともに検品を強化していますが、お届けする間に傷みが広がる場合もあります。
お気づきの点がございましたら、お知らせくださいますようお願いします。

有機ブルーベリー

カタログvol.025よりご注文いただけます♪

お待たせしました!有機ブルーベリーのご案内がカタログvol.025より開始します!
浜田さんは、日本でブルーベリー栽培がほとんど知られていない 約40年以上も前から栽培をされています。
他の果物に比べ、収穫期が短いため、栽培する品種は約40種類。品種選びのほか、整枝や収穫時期にも長年の勘が生きています。
甘酸っぱい生のブルーベリーが味わえるのは一年のうちでも今の時期だけの季節限定販売です。ぜひこの美味しさをお見逃しなく!

有機ししとう

カタログvol.026よりご注文いただけます

カタログvol.026より、かごしま有機生産組合から有機ししとうのお届けが始まります。
ししとうには新陳代謝を促すカプサイシンやビタミンCやカロテンが豊富に含まれていると言われており、この季節にぴったりな栄養満点のスタミナ野菜です。
シンプルに素焼きにしたり、煮物や天ぷらなどにしても美味しくいただけます。

☆農産担当・永瀬の旬の野菜活用レシピ☆

有機トマトをじっくり焼いてうま味凝縮♪

トマトは加熱することでうま味成分であるグルタミン酸が増加すると言われており、リコピンやβカロテンも生でいただくよりも吸収率が高くなることが期待できます。今回はじっくり加熱してソースとしていただくレシピをご紹介いたします。
<有機トマトのじっくりソテーとタラのムニエル>
【材料】
真鱈切り身…2切、有機トマト…1個、有機ニンニク…1片、国産有機薄力粉…適量、有機ロイヤルナバリオリーブオイル…適量、南箱根の厳選バター…10g程度、塩、コショウ…適量
【作り方】
①トマトを湯剥きし、中の種を取り、1.5cm厚の輪切りにする。ニンニクは半分に切り、軽くつぶす。鱈の切り身は牛乳(分量外)で軽く洗い、臭みを取り、水気をふき取る。
②鱈に塩、コショウで下味をつけ、薄力粉を薄くまぶす。
③フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、香りが出るまで熱する。トマトを加え、塩、コショウをし、弱火で柔らかくなるまでじっくり両面焼く。
④別のフライパンでオリーブオイルを熱し、鱈とバターを加えて焼いていく。バターを焦がさない程度の火力で鱈にバターをかけながらふっくら仕上げる。
⑤トマトの上に鱈を盛りつけたら完成。
※付け合わせには茹でたブロッコリーやほうれん草のバターソテーなど緑の野菜がおすすめです。

BIO WEEKLY

日々、全国各地から畑の情報収集をしている農産担当スタッフが、 旬の野菜や果物の最新情報をお伝えしています。 管理栄養士などによる旬の野菜・果物活用レシピ、スタッフによるおすすめ野菜もご紹介します。

お知らせカテゴリ一覧

NEWS

NEWS

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

季節の手仕事

季節の手仕事

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

RECIPE|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

オーガニックサポーター

オーガニックサポーター

オーガニックって何?

オーガニックって何?

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

マルシェ情報

マルシェ情報

味噌づくり教室

味噌づくり教室

畑イベント

畑イベント

Biomamaclub

Biomamaclub

プレスリリース

プレスリリース