メニュー

お知らせ

2020.5.18 - BIO WEEKLY

今週のBIOWEEKLY:021

畑のレタス

お届け野菜の情報

有機レタス、有機サニーレタス

生で食べるサラダだけじゃない!火を通しても美味しいよ♪

各産地より有機レタス、有機サニーレタスが豊富に出荷中です。レタス類はサラダや付け合わせとして生でいただくことが多い野菜ですが、加熱することで食感、味わいが変わり一度でたくさんいただくことができます。
有機レタスはスープや炒め物、チャーハンなど完全に火は通さず、少しシャキシャキ食感を残すように調理するのがおすすめです。
有機サニーレタスは丸ごとオリーブオイルで香ばしく焼き、マッシュルームやゆで卵と合わせて、温サラダなんていかがでしょうか。

有機らっきょうについて

お届けしております有機らっきょうですが、今期生長の過程で虫害により葉が枯れ、その影響により可食部の肥大が進まないものが出ています。
生長にバラつきがでているために一部小さいものが、混ざっている場合がございます。大変申し訳ございません。
お気づきの点がございましたら、お手数ではございますが、担当窓口まで問合せをお願い申し上げます。

有機リーフレタス

みずみずしいシャキシャキのリーフレタスをどうぞ♪

長野県の産地より有機リーフレタスが豊富に出荷中です。リーフレタスはビタミンCやビタミンE、カロテン、ミネラルなどを含み栄養価も高く、サラダでもりもり食べたいお野菜です。
今回は暑くなってきたこの時期に食べたい、有機リーフレタスのさっぱりレシピをご紹介いたします。
★有機リーフレタスと豚しゃぶのサラダうどん
【材料】(2人前)
うどん…2玉、有機リーフレタス…1/4個、豚肉しゃぶしゃぶ用…120g、有機青じそ…2枚、有機人参…1/3本、めんつゆ…1カップ(麺もののつけつゆの濃さに調整したもの)、有機生姜のみじん切り…大さじ1、マヨネーズ…大さじ1、ごま油…大さじ1、すりごま…大さじ1、七味唐辛子…少々
【作り方】
①リーフレタスを一口大にちぎり、人参、青じそは千切りにする。
②豚肉は色が変わるまでボイルし、水気を切り、めんつゆ~七味唐辛子までを合わせて和える。
③うどんをゆで、氷水で冷やし、しっかり水気を切る。
④①、③を皿に盛りつけ、②をかけて完成。

焼き野菜サラダで旬の野菜を丸ごといただきます♪

有機トマト、有機ズッキーニ、有機なす、有機いんげんなど一年の中で特においしい時期を迎えているお野菜をまとめていただける焼き野菜サラダをご提案致します。
焼き野菜にお肉やチーズを加えることで食卓のメインとなる贅沢な一皿です。ぜひこの機会にお試しください。
★焼き野菜サラダ
【材料】
有機トマト…1個、有機ズッキーニ…1本、有機じゃが芋…2個、有機なす…1本、有機いんげん…70g、有機ロイヤルナバリオリーブオイル…適量、牛ひき肉…50g、カレー粉…小さじ1/2、塩・コショウ…適量、チーズソース[有機ニンニクのみじん切り…小さじ1、クリームチーズ…50g、白ワイン…大さじ1、牛乳…1/2カップ、有機パセリのみじん切り…大さじ1]
【作り方】
①トマトはくし切りにし、ゼリー部分を取り除く、ズッキーニ、なすは輪切りにする、じゃが芋は乱切りにして電子レンジで火を通す、いんげんは5cmに切り揃える。クリームチーズは小さい角切りにしておく。
②①の野菜を天板に並べ、塩、オリーブオイルを回しかけて200℃のオーブンで全体を色よく焼く。
③牛ひき肉をフライパンで炒め、肉から脂が出てきたらカレー粉、塩を加え炒める。
④チーズソースを作る。フライパンにニンニク、オリーブオイルをいれ、弱火で軽く色づくまで炒める。白ワインを加えてアルコールをとばしたら、クリームチーズ、牛乳、パセリを加え、塩、コショウで味をつけ、全体にとろみがつくまで弱火で煮る。
⑤①の野菜、③のひき肉を皿に盛りつけ、④のソースをかけたら完成。

有機大根

少ない状況です

ご案内しております有機大根は各産地の生育が遅れており収穫量が減少しております。
これによりお届け出来ない場合がございます。お届けを楽しみにお待ちいただいていた皆様、大変申し訳ございません。

有機ズッキーニ

食感の変化を楽しんで♪

和歌山に圃場を構えるあゆみ農園の生産者代表である西さんによると、ズッキーニは切り方によって楽しめる食感が変わるそう。
オーブン焼きやチーズと合わせてトロッとした食感を楽しみたいときには繊維を断つように輪切りに。
豚肉と炒めたり、薄くスライスしてお肉を巻くなど、シャキッとした食感を楽しむときは繊維に沿って切るのがおすすめです。ぜひお試しください!

☆マクロビオティック料理研究家 「naka mIe」さんの有機野菜レシピ☆

ねぎ切り干しビーフン

ねぎ、生姜は千切りにします。切り干し大根は水に戻しておきます。玄米ビーフンはさっと茹でて、ごま油をかけておいておきます。フライパンでネギと生姜を炒めます。美味しい香りがしたら、切り干し大根と玄米ビーフンを加えて混ぜ合わせながら炒めます。お醤油で味を調えて出来上がりです。

ワカメとポテトのコロッケ

キヌアは水で洗って、2倍のお水で茹でます。じゃがいもは粉ふきいも状態にして、つぶします。水で戻したワカメとじゃがいも、キヌアと混ぜ合わせてお塩・クミンで味を調えます。俵形にして、衣を付けて揚げて出来上がりです。

BIO WEEKLY

日々、全国各地から畑の情報収集をしている農産担当スタッフが、 旬の野菜や果物の最新情報をお伝えしています。 管理栄養士などによる旬の野菜・果物活用レシピ、スタッフによるおすすめ野菜もご紹介します。

お知らせカテゴリ一覧

NEWS

NEWS

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

RECIPE|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

オーガニックサポーター

オーガニックサポーター

オーガニックって何?

オーガニックって何?

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

マルシェ情報

マルシェ情報

季節の手仕事

季節の手仕事

味噌づくり教室

味噌づくり教室

畑イベント

畑イベント

Biomamaclub

Biomamaclub

プレスリリース

プレスリリース