メニュー

お知らせ

2019.12.9 - BIO WEEKLY

今週のBIOWEEKLY:950

じゃがいも

お届け野菜の情報

有機じゃが芋

サクサクホクホク♪ジャーマンポテト

12月に入り、寒さが厳しくなってまいりました。こんな季節はニンニクの香りが食欲をそそるジャーマンポテトはいかがでしょうか。
じゃが芋、粗挽きソーセージを一口大に切り、玉ねぎはスライス、ニンニクは軽くつぶしておきます。フライパンにサラダ油を入れ、ニンニク、じゃが芋をじっくり転がしながら揚げ焼きにします。じゃが芋に火が通ったら玉ねぎ、ソーセージを加えて玉ねぎに火が通るまで加熱します。余計な油を取り除き、塩、コショウで味をつけてサッと炒めたら完成です。
クリスマスディナーの副菜にもピッタリです。ぜひお試しください。

いちご

少ない状況です

カタログvol.951からご案内しております茨城県・菅谷利男苺園のいちごについて、外気温が低く苗の生育が遅れており出荷開始時期に遅れが出ております。日によってはお届け出来ない場合がございます。
お届けを楽しみにお待ちいただいていた皆様、大変申し訳ございません。

りんごの保存術!冬場は乾燥対策を!

今がシーズンのりんご。冬場であれば、常温でも数週間〜1ヶ月程度の保存が可能ですが、実は乾燥に弱い果物です。そのため、冬場であっても1個ずつ新聞紙に包み、湿度を保つために冷蔵庫で保存しましょう。
りんごはエチレンガスを放出し、他の食材を熟成させる作用があるので、ガスが漏れないように新鮮チャック袋などにいれて密閉した状態で保存してください。
とはいえ、ケースでご注文いただいた場合、保管場所が取れないこともあるかと思います。そんなときは、りんごを1つずつ新聞紙で包み、発泡スチロールや段ボールなどの箱にまとめて入れて、風通しがよく涼しい場所に保管するのがおすすめです。

有機セロリ

少ない状況です

カタログvol.949からご案内しております福岡県・鳥越農園の有機セロリについて、生育初期に虫害が出ており出荷開始時期に遅れが出ております。日によってはお届け出来ない場合がございます。
お届けを楽しみにお待ちいただいていた皆様、大変申し訳ございません。

☆マクロビオティック料理研究家 「naka mIe」さんの有機野菜レシピ☆

青梗菜とえのきのクリーム煮

青梗菜は、茎の部分は1cm幅に、葉の部分は3cmくらいに切ります。えのきは、手でほぐします。鍋にえのき、青梗菜の順に入れて、重ね煮にします。鍋から甘い香りがしてきたら、甘めの味噌を溶いた豆乳を加えて5分ほどクツクツ煮ます。塩で味を調えて出来上がりです。

玉ねぎとひじきの梅肉和え

玉ねぎは皮をむいて櫛形に切ります。ひじきは水で戻して茹でておきます。蒸籠に玉ねぎを並べて蒸します。茹でたひじきは、食べやすい長さに切ります。ボウルに梅肉を入れて、ひじきを入れてしっかりと梅味をひじきにつけます。そこへ蒸した玉ねぎを加え、混ぜたら出来上がりです。

BIO WEEKLY

日々、全国各地から畑の情報収集をしている農産担当スタッフが、 旬の野菜や果物の最新情報をお伝えしています。 管理栄養士などによる旬の野菜・果物活用レシピ、スタッフによるおすすめ野菜もご紹介します。

お知らせカテゴリ一覧

NEWS

NEWS

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

オーガニックサポーター

オーガニックサポーター

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

REPORT|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

オーガニックって何?

オーガニックって何?

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

マルシェ情報

マルシェ情報

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

季節の手仕事

季節の手仕事

味噌づくり教室

味噌づくり教室

畑イベント

畑イベント

Biomamaclub

Biomamaclub

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

プレスリリース

プレスリリース