メニュー

お知らせ

2019.4.8 - BIO WEEKLY

今週のBIOWEEKLY:915

掘り立ての新じゃが芋

お届け野菜の情報

有機新じゃが芋

あれこれ

じゃが芋は光(蛍光灯も含む)に当たると、表面が緑色に変色します。保存の際は、日光を当てないように新聞紙で包んだり、紙袋に入れてください。堀りたてフレッシュなじゃが芋なので、出来るだけ早くお召し上がりください。
また、じゃが芋の表面が、かさぶた状になっているのは「そうか病」によるものです。この病気は、土壌がアルカリ性に傾きすぎるなどの要因で発生するといわれています。しかし、はっきりとした原因がわかっておらず、なかなか完全に発生を防ぐことができていません。
かさぶた状になっている部分を削れば、味や肉質には問題なく美味しく食べられます。症状の軽度のものはお届けをさせていただきます。ご理解の程よろしくお願いします。

有機リーフレタス

少ない状況です

各産地で生育が遅れており、出荷が少ない状況です。日によってはお届けできない日もございます。お届けを楽しみにお待ちいただいていた皆さま、大変申し訳ございません。

有機いちご・いちご

丁寧にお届けしています

ひとつひとつ丁寧に収穫、梱包、検品し、しっかりとした温度管理のもと配送していますが畑で十分に熟してからお届けしていますので、少しの衝撃や気温の変化ですぐに傷みにつながる可能性があります。
お届け時にお気づきの点がございましたら、お知らせください。

葉野菜の品質注意報

自然界では芽吹きの季節です。咲いて美しいお花と違って、野菜は花が咲くと硬くなったり苦くなったり、通常の商品としてお届けすることができません。特に、小松菜・水菜・チンゲン菜などは、気温が上がると一気に花が咲いたり、つぼみが緩んだり、葉が黄色く変色することがあります。また、キャベツなど結球する野菜も、切ってみるととうが立っていることがあります。
各産地にて、出来るだけ良いものをお客様にお届けすべく、栽培方法や品種選びを工夫しております。また、出荷時には検品を強化してお届けしてまいりますが、輸送中の温度変化により花咲きや黄変がすすむ場合、検品時に外観からではわからないものもございますので、お届け時にお気づきの点がございましたら、お知らせください。

きのこ

菌糸が伸びやすい季節です

ぶなしめじやエリンギに、白い綿状のものが付いていることがありますが、これは「気中菌糸」と言って、きのこの一部です。「気中菌糸」は温度変化などによって発生しやすくなり、特に季節の変わり目などはよく出てきます。 召し上がっていただいても問題ございません。ご理解の程よろしくお願いします。

柑橘類について

表面が汚いのは安心の証

面の黒い斑点やシミのようなものは、農薬を使う一般栽培では防ぐことができる病気ですが、有機栽培では防ぐことができません。皮をむけば、問題なく食べていただけますので、軽度のものはお届けさせていただきます。
また、有機栽培の柑橘は、化学合成された殺虫剤・殺菌剤や除草剤、収穫後の防腐剤や防カビ剤も使用していません。したがって、湿気や気温が高い状態が続くと、目に見えないほど小さなキズから菌が進入し、傷みやカビが広がることがあります。
お気づきの点がありましたら、お近くのセンターまでお問い合わせをいただければと存じます。お届け後はできるだけ早く袋から出し、風通しの良い涼しい場所で保存をお願いします。

ふじ

検品を強化してお届けします

りんごの中でもふじは特に蜜が多く入るりんごです。蜜はデンプン質が糖質に変化し、その後果糖へと変わりながら蜜へ変化していきます。しかし蜜が多いのは果糖へ変化しきれず、茶色・黒く変色してしまうことがあります。
産地やセンターでもカットして点検していますが外見からは見分けられないため、混入してしまうことがあります。お気づきの点がありましたら、お近くのセンターまでお問い合わせください。

有機キウイフルーツ

熟度を確認しながらお届けしています

只今の期間、お届けしている山梨県澤登さんの有機キウイフルーツ。一般では、1品種のみを栽培しエチレンガスを添加し、熟度をコントロールしていますが、澤登さんは季節にあわせてさまざまな品種を栽培し、自然にゆっくりじっくり追熟させたものをお届けしています。産地・センターともにひとつひとつ手で触って熟度を確認するなど、検品を強化しながらお届けしています。
しかし、気温の変化が激しいこの時期、輸送中の温度変化などで追熟がすすみすぎる場合もあります。お気づきの点がありましたら、お近くのセンターまでお問い合わせください。

☆スタッフ伊藤のおすすめレシピ☆

鶏肉のさわやか柑橘煮

先日初めて作ってみたのですが、子どもにも主人にも好評でした!柑橘の甘みと酸味がいいアクセントです。
①一口サイズに切った鶏もも肉(1枚)に塩コショウをしておき、お好みの柑橘(1個)をむいて果肉のみにする。
②熱したフライパンで鶏もも肉を皮目から焼き、ひっくり返して蓋をし、3分程弱火で蒸し焼きにする。
③①の柑橘と醤油・みりん(各大さじ1)を混ぜたものをフライパンに入れてざっと混ぜ、蓋をして3分煮る。

ほうれん草とミニトマトのじゃこ和え

ちりめんじゃこの塩気で、醤油の量を調整してください。
★茹でて3cm幅に切ったほうれん草(1パック)と1/4サイズにカットしたミニトマト(4~5個)とちりめんじゃこ(20g)を和えて、醤油で味を調える。

BIO WEEKLY

日々、全国各地から畑の情報収集をしている農産担当スタッフが、 旬の野菜や果物の最新情報をお伝えしています。 管理栄養士などによる旬の野菜・果物活用レシピ、スタッフによるおすすめ野菜もご紹介します。

お知らせカテゴリ一覧

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

RECIPE|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

オーガニックって何?

オーガニックって何?

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

マルシェ情報

マルシェ情報

NEWS

NEWS

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

季節の手仕事

季節の手仕事

味噌づくり教室

味噌づくり教室

畑イベント

畑イベント

Biomamaclub

Biomamaclub

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

プレスリリース

プレスリリース