メニュー

お知らせ

2018.10.22 - BIO WEEKLY

今週のBIOWEEKLY:843

有機銀杏

お届け野菜の情報

有機銀杏

カタログvol.844から出荷開始です!

もちもちとした食感がたまらない有機銀杏。カタログvol.844よりご注文いただけます♪電子レンジでぱぱっと調理できるので、晩酌のお供におすすめ。ぜひお試しください!
☆銀杏の食べ方☆
①銀杏の殻をハンマーやペンチを使って軽く割ります。(亀裂・割れ目が入る程度でOK!)
②銀杏を紙封筒に入れ、封筒の折口を2回以上おります。(封筒から銀杏が飛び出ることがあるので注意)
③電子レンジ500wで60~90秒加熱。2、3個ポンポンとはじけたら完成!

紅玉

着色について

只今お届けしている紅玉について、今年の夏の猛暑で生育が早く、例年と比べて玉サイズが大きくなったこと、そして生育時の寒暖差が少なった影響で、着色が進みにくく、そのまま木の上で完熟をしている状態です。
食味には問題ございませんので、軽度のものはお届けさせていただきます。予めご理解のほどお願いいたします。

シーズン最後の和梨

どうぞお召し上がりください♪

梨の栽培100年の歴史がある大分県日田市、太郎良農園さんの梨『新興』。農場は、筑紫平野の端に位置し、山に囲まれ、脇には筑後川が流れています。
高温多湿で、朝晩の寒暖差がある独特の気候で、古くから梨栽培に適した場所として歴史が刻まれています。
昭和16年におじい様が農園を開き、現在の農場長・太郎良秀喜さんは3代目。ご夫婦・後継ぎとして息子さんも一緒に丹精込めて安心、安全だけでなく、味の良い、美味しい梨をつくっています。
和梨シーズン最後の梨、カタログvol.845までのご案内です。どうぞお召し上がりください♪

有機黒豆枝豆

少ない状況です

カタログvol.841からご案内しております大阪府・能勢町原田ふぁーむさんの有機黒豆枝豆について、度重なる台風による大雨の影響で畑が浸水し、実が雨に叩かれるなどの被害があり、大幅に収穫量が減少しております。
日によってはお届け出来ない日がございます。お届けを楽しみにお待ちいただいていた皆様、大変申し訳ございません。

有機種なし柿

検品を強化してお届けいたします

「触ってみたところ実が柔らかかった」「ずるけていた」というお声をいただきました。ご迷惑をお掛けし大変申し訳ございません。
現在出荷中の和歌山県の産地では、10月に入っても日中の気温が20度を超えるなど暖かい日が続いております。柿は気温が高い日が続くと、一気に熟してしまいます。
着色が回り次第、早めに収穫してもらうなど産地でも対応いただき、各センターでも検品をよりいっそう丁寧に行い、お届けしてまいります。お届け時にお気づきの点がございましたら、各センターまでお知らせください。

有機れんこん

表面・切り口が黒いのは『タンニン鉄』によるものです

れんこんの表面や切り口が、赤色や黒褐色、黒紫色に変色していることがあります。
これは、表面についた土の鉄分が酸化した「酸化鉄」の色もしくは、れんこんの組織中に含まれるタンニンという成分が、土から吸収した鉄分と結合してタンニン鉄になり、変色したものと思われます。
どちらも食べていただくのに問題はありません。
タワシで洗っていただくか、酢水の中に浸していただければある程度は落とすことができますよ。

お芋さん

風邪引き注意!!

朝晩が少し冷え込むようになりましたね。里芋・さつま芋・安納芋・金時芋は低温がとても苦手です。
低温にさらされると変色・傷みなどが発生し『風邪引き』状態になってしまいます。冷蔵庫には入れず、風通しのよい涼しい場所で保存しましょう。
冬は室内でも温度が低くなってしまうときは、新聞紙などで包んだり段ボールに入れるなど寒さを防いで保存してください。長期保存する場合は、ゆでたり、焼いたりと加熱調理してから冷凍するのがおすすめです。

☆マクロビオティック料理研究家「naka mIe」さんの有機野菜レシピ☆

白菜としいたけの餃子

白菜としいたけは細かくみじん切りにしてお塩とごま油で味をつけ手を使ってしっかりと混ぜ合わせます。餃子の皮に包んで焼いて出来上がりです。お好みで生姜やにんにくを加えても美味しいですよ。寒い日はそのまま水餃子もいいですよね。

小松菜と切り干しの酢の物

小松菜はさっと茹でて食べやすい大きさに切ります。戻して食べやすい大きさにきった切り干しと混ぜ合わせ、お酢とお醤油で味を調えます。仕上げにのりを手でちぎって加えて出来上がりです。

かぼちゃのソテーシナモン風味

坊ちゃんかぼちゃは櫛形に切ってひとつまみのお塩をふりかけてやさしくマッサージします。ココナッツオイルでソテーして仕上げにシナモンをふりかけます。

ジャガイモとミニトマトのサラダ

ジャガイモとミニトマトを一緒に茹でてマッシュしてマヨネーズとお塩で味を調えます。

サニーレタスのスープ

お鍋にしいたけ、ジャガイモ、人参、昆布、水を加えて一煮立ちさせて刻んだサニーレタスを加えてしっかりと煮込みます。豆乳と白味噌を加えて味を調えて出来上がりです。

ビオ・マルシェの有機野菜を使って、マクロビオティック料理家のnaka mIe(なか みえ)さんにレシピをつくっていただいています。
(お料理びと http://miesrecipe.jp/profile/

BIO WEEKLY

日々、全国各地から畑の情報収集をしている農産担当スタッフが、 旬の野菜や果物の最新情報をお伝えしています。 管理栄養士などによる旬の野菜・果物活用レシピ、スタッフによるおすすめ野菜もご紹介します。

お知らせカテゴリ一覧

NEWS

NEWS

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

RECIPE|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

オーガニックサポーター

オーガニックサポーター

オーガニックって何?

オーガニックって何?

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

マルシェ情報

マルシェ情報

季節の手仕事

季節の手仕事

味噌づくり教室

味噌づくり教室

畑イベント

畑イベント

Biomamaclub

Biomamaclub

プレスリリース

プレスリリース