メニュー

お知らせ

2018.10.15 - BIO WEEKLY

今週のBIOWEEKLY:842

菊菜

お届け野菜の情報

有機菊菜

カタログvol.843よりご注文いただきます!

お鍋に欠かせない有機菊菜のお届けがスタートします!
菊菜はなんといっても香りのよさと歯ごたえが特徴。「ファイトケミカル」を含むお野菜で、豊富に含まれるβ- カロテンが体内で必要な分だけビタミンAに変換され粘膜のバリアを強化し、花粉や病原菌などから私たちを守ってくれるといわれています。すき焼きや寄せ鍋はもちろん、おひたしやごま和えもおすすめです。
白菜や小松菜などクセのない野菜と合わせて作るとほろ苦さが和らぎますよ。

有機坊ちゃん南瓜

ハロウィンにおすすめです♪

10月31日はハロウィン!ということで、ハロウィンの食卓を彩るには欠かせない南瓜。
有機坊ちゃん南瓜は、手のひらサイズの可愛らしい南瓜です。坊ちゃん南瓜のサイズ感を活かした食べ方がおすすめ!
頭の部分をカットし、種をくりぬいてそのまま蒸したり、グラタンやプリンなど、器のように丸ごと使ってみたり、顔の形にくり抜いたりすると…ハロウィンの食卓を楽しくしてくれること間違いなしです!ぜひこの機会にお試しください!

紅玉

着色について

只今お届けしている紅玉について、今年の夏の猛暑で生育が早く、例年と比べて玉サイズが大きくなったこと、そして生育時の寒暖差が少なった影響で、着色が進みにくく、そのまま木の上で完熟をしている状態です。
食味には問題ございませんので、軽度のものはお届けさせていただきます。予めご理解のほどお願いいたします。

有機黒豆枝豆

少ない状況です

カタログvol.841からご案内しております大阪府・能勢町原田ふぁーむさんの有機黒豆枝豆について、度重なる台風による大雨の影響で畑が浸水し、実が雨に叩かれるなどの被害があり、大幅に収穫量が減少しております。
日によってはお届け出来ない日がございます。お届けを楽しみにお待ちいただいていた皆様、大変申し訳ございません。

有機種なし柿

検品を強化してお届けいたします

「触ってみたところ実が柔らかかった」「ずるけていた」というお声をいただきました。ご迷惑をお掛けし大変申し訳ございません。
現在出荷中の和歌山県の産地では、10月に入っても日中の気温が25度以上と暖かい日が続いております。柿は25度を超える天気が続くと、一気に熟してしまいます。
着色が回り次第、早めに収穫してもらうなど産地でも対応いただき、各センターでも検品をよりいっそう丁寧に行い、お届けしてまいります。
お届け時にお気づきの点がございましたら、各センターまでお知らせください。

有機れんこん

表面・切り口が黒いのは『タンニン鉄』によるものです

れんこんの表面や切り口が、赤色や黒褐色、黒紫色に変色していることがあります。
これは、表面についた土の鉄分が酸化した「酸化鉄」の色もしくは、れんこんの組織中に含まれるタンニンという成分が、土から吸収した鉄分と結合してタンニン鉄になり、変色したものと思われます。
どちらも食べていただくのに問題はありません。タワシで洗っていただくか、酢水の中に浸していただければある程度は落とすことができます。

有機なす

検品を強化してお届けします

「切ると中が茶色くなっていた」「傷んでいた」というお声をいただきました。不良品をお届けしてしまった皆様、大変申し訳ございませんでした。
和歌山県の畑では、先日上陸した台風21号・24号の暴風により実がこすれたり、葉が落ちてしまったりなすの樹が傷んだ状態になりました。
そのため、なすの実が生育不良となり、外側はきれいでも、中が黒くなったり傷んだ状態のものが多くなったことが考えられます。
今後、生産者・センターともに検品をよりいっそう丁寧に行い、お届けしてまいります。到着時にお気づきの点がございましたらお知らせください。

☆マクロビオティック料理研究家「naka mIe」さんの有機野菜レシピ☆

麻婆白菜

食べやすい大きさに切った白菜としいたけをお鍋に重ねて入れます。ソイミンチ(または豚のひき肉などお好みで)を加えてごま油とお塩をかけて蓋をして弱火にかけます。白菜から水分が出てきたらお味噌とみりんで味を調え春雨を加えます。葛でとろみをつけ、仕上げに青ネギを散らして出来上がりです。(辛いのがお好きな方は鷹の爪などで調整を)

人参とごぼうのきんぴら

人参とごぼうは細く千切りにします。ごぼうを炒め甘い香りがしたら人参を加えます。昆布とお水を加えて弱火で一煮立ちさせてからお醤油で味をつけます。弱火でゆっくり火をかけると人参とごぼうの甘さが引き出せますよ。仕上げにごまをふりかけて出来上がりです。

玉ねぎの一口団子

みじん切りにした玉ねぎにお塩と黒胡椒と油で味をつけ、葛粉を加えて手で混ぜ合わせます。ラップで包んでお団子にして蒸し器で蒸します。

ビオ・マルシェの有機野菜を使って、マクロビオティック料理家のnaka mIe(なか みえ)さんにレシピをつくっていただいています。
(お料理びと http://miesrecipe.jp/profile/

BIO WEEKLY

日々、全国各地から畑の情報収集をしている農産担当スタッフが、 旬の野菜や果物の最新情報をお伝えしています。 管理栄養士などによる旬の野菜・果物活用レシピ、スタッフによるおすすめ野菜もご紹介します。

お知らせカテゴリ一覧

NEWS

NEWS

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

RECIPE|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

オーガニックサポーター

オーガニックサポーター

オーガニックって何?

オーガニックって何?

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

マルシェ情報

マルシェ情報

季節の手仕事

季節の手仕事

味噌づくり教室

味噌づくり教室

畑イベント

畑イベント

Biomamaclub

Biomamaclub

プレスリリース

プレスリリース