メニュー

お知らせ

2018.10.8 - BIO WEEKLY

今週のBIOWEEKLY:841

粂川さん 稲穂

お届け野菜の情報

粂川さんの有機米

カタログvol.843よりご注文いただけます

毎年ご好評をいただく粂川さんの有機米、今年はカタログvol.843よりご注文いただけます。
粂川さんは、お米作りの際に、天敵・害虫も生きられる環境づくりや土づくりを行い、生き物のバランスを保つことを心がけています。
生き物のバランスを保つことで、その自然環境の中で育ち、病害虫に負けない作物が出来上がります。今年も粂川さんの愛情をたっぷり受けて育った有機米。ぜひとれたての新米の味をお楽しみください♪

有機里芋

検品を強化してお届けしています

お届けしている有機里芋に「カビが生えていた」「傷みがあった」というお問い合わせをいただきました。
今年は掘り取り時期に雨が続いたり、台風が立て続けに上陸したりと天候が悪く、十分に乾燥ができていないものがあり、傷みやカビの原因となったものと思われます。
大変ご迷惑をおかけしております。申し訳ございません。産地・センターともに検品を強化してお届けしています。
里芋は少しでも湿気がある状態で密封するとすぐにカビが発生してしまいます。また、低温と乾燥がとても苦手です。
お届け後は、早めに袋から出して紙などで包み、冷蔵庫には入れず風通しのよい涼しい場所での保存をおすすめします。

有機黒豆枝豆

少ない状況です

カタログvol.841からご案内しておりました大阪府・能勢町原田ふぁーむさんの有機黒豆枝豆について、度重なる台風による大雨の影響で畑が浸水し、実が雨に叩かれるなどの被害があり、大幅に収穫量が減少しております。
日によってはお届け出来ない日がございます。お届けを楽しみにお待ちいただいていた皆様、大変申し訳ございません。

有機松本一本葱

少ない状況です

今年は、生育時の夏場に高温が続いた影響で、お届け出来る太さになっていないものが多く、収穫量が少ない状況です。
日によってはお届け出来ない日がございます。お届けを楽しみにお待ちいただいていた皆様、大変申し訳ございません。

有機かぼちゃ

おすすめの保存方法♪

まるごとのかぼちゃは常温で保存するのがおすすめ!
カットしてあるものは、種とワタをスプーンで綺麗に取り除き、切り口の表面にぴったりとラップをかぶせ、切り口が空気に触れないようにカバーをして冷蔵庫で保存するのがおすすめです。
ワタの部分には水分が多いので、取り除かないと冷蔵庫に入れても傷みやすくなってしまいます。賢く保存して、ぜひ旬の美味しさをお召し上がりください!

有機なす

検品を強化してお届けします

「切ると中が茶色くなっていた」「傷んでいた」というお声をいただきました。不良品をお届けしてしまった皆様、大変申し訳ございませんでした。
和歌山県の畑では、先日上陸した台風21号・24号の暴風により実がこすれたり、葉が落ちてしまったりなすの樹が傷んだ状態になりました。
そのため、なすの実が生育不良となり、外側はきれいでも、中が黒くなったり傷んだ状態のものが多くなったことが考えられます。
今後、生産者・センターともに検品をよりいっそう丁寧に行い、お届けしてまいります。到着時にお気づきの点がございましたらお知らせください。

りんご

表面のベタベタは・・・

りんごは、熟してくるとロウ物質(油脂成分)を分泌します。この油脂成分が表皮のベタベタの正体です。
成分は不飽和脂肪酸のリノール酸、オレイン酸(大豆、ゴマに含まれているものと同じもの)です。お召し上がりいただいて問題ありません。
分泌する油脂成分の量は、りんごの種類や栽培時期の気候によっても違い、「ジョナゴールド」や「紅玉」などに多く、「ふじ」や「王林」などは少ないのが特徴です。

☆マクロビオティック料理研究家「naka mIe」さんの有機野菜レシピ☆

キャベツたっぷりのソイポトフ風

玉ねぎ、じゃがいも、キャベツ、ニンジンを食べやすい大きさに切りお鍋に重ねていれます。野菜が半分浸かる程度のお水と昆布をいれて弱火でクツクツ煮込みます。一煮立ちしたら月桂樹と豆乳を加えてさらに煮込みます。仕上げにお味噌で味を調えます。

ブロッコリーと里芋のオーブン焼き

里芋は皮ごと茹でて柔らかくなったら手で皮を剥き、食べやすい大きさに切ります。ブロッコリーは食べやすい大きさに切ってさっと茹でます。お鍋にココナッツオイルと小麦粉をいれて豆乳で伸ばしベシャメルソースを作り、里芋とブロッコリーを混ぜ合わせお塩で味を調えオーブンで焼きます。

小松菜とニンジンの胡麻和え

茹でた小松菜とニンジンを、すったゴマと合わせてお醤油で味をつけます。

サニーレタスとワカメのねぎ味噌ドレッシング和え

青ネギは小口で細かく切り、すり鉢ですりおろします。お味噌とお酢とお水で伸ばしてドレッシングにします。さっと茹でたサニーレタスとワカメをあえて仕上げます。

ビオ・マルシェの有機野菜を使って、マクロビオティック料理家のnaka mIe(なか みえ)さんにレシピをつくっていただいています。
(お料理びと http://miesrecipe.jp/profile/

BIO WEEKLY

日々、全国各地から畑の情報収集をしている農産担当スタッフが、 旬の野菜や果物の最新情報をお伝えしています。 管理栄養士などによる旬の野菜・果物活用レシピ、スタッフによるおすすめ野菜もご紹介します。

お知らせカテゴリ一覧

NEWS

NEWS

今週のおすすめ商品

今週のおすすめ商品

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

Veggit rabbit’s ヴィーガン・スイーツ レシピ

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

VEGE & SPICE TABLE マリさんのアーユルヴェーダ食堂

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

ビオ・マルシェの畑を訪ねて

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

BIO remedy KITCHEN 季節と暮らすマクロビレシピ

RECIPE|Tales from Organic Farm

RECIPE|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

REPORT|Tales from Organic Farm

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェの料理教室

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

ビオ・マルシェ 高島屋大宮店

オーガニックサポーター

オーガニックサポーター

オーガニックって何?

オーガニックって何?

BIO WEEKLY

BIO WEEKLY

マルシェ情報

マルシェ情報

季節の手仕事

季節の手仕事

味噌づくり教室

味噌づくり教室

畑イベント

畑イベント

Biomamaclub

Biomamaclub

プレスリリース

プレスリリース