「100%オーガニック宣言」有機野菜の宅配で豊かなオーガニックライフ

HOME » お米作りをサポートし水田を守る会

お米作りをサポートし水田を守る会

-新規会員募集のご案内-

水田

あなたのために、オーガニックなお米を丹精込めてつくります!

私たち日本人は、約3000年前の弥生時代から現在に至るまで、お米を主食として、命をつないできました。水田は命の源であり、また稲を育てた水はやがて河川に戻り海に出て、漁業資源をはじめ様々な海洋資源を育む源にもなります。つまり、米と魚を主食としてきた日本人にとっては、水田はすべての命を育む母なる大地といっても過言ではないものです。

この貴重な水田とそれを支える水田環境が、化学肥料や農薬の影響で本来の機能を年々失いつつあるのが大きな問題になっています。水田からメダカやタニシやドジョウが消え、命の音が無くなりつつあります。

オーガニックな米づくりに取り組む生産者は、化学合成された農薬や肥料などに頼らずに、自然界が命を育む仕組みを基本に、丁寧に土づくりに取り組み、おいしいお米を作りながら、環境へのダメージを軽減し環境を守り、永続的に日本の食料資源を守るという、日本人の原点ともいうべき農業本来のあり方を実現してきました。

そして、このような大切なオーガニックの生産者と水田を守るには、もちろんそれを食べて支えていただく方々に支援していただくことが大前提です。それがないと経営が成り立っていかないからです。

そこで、この貴重なオーガニックな生産者の方々を、永続的にサポートしていただく仕組みが「オーガニックな米づくりをサポートし、日本の水田と水系環境を守る会」です。オーガニックな生産者は、生産計画を立てられることにより、安心して困難なオーガニックな米づくりに取り組むことができます。

日本の農業の基盤である水田を守り、豊かな生態系と食料を未来の子供たちに繋ぐこの取り組みへぜひご参加いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

※なお、お米が不作の場合には優先的に本会員様にお届けいたします。

わたしたちの環境を守ります

環境を守る

特選有機米コシヒカリは私たちが栽培します

  • 産地:富山県/小原営農センター、大阪府/原田ふぁーむ、滋賀県/大中農友会、和歌山県/ビオランド、兵庫県/うずしおからお届け致します。
    品種:コシヒカリ

    ※表記以外の産地からのお届けはございません。
  • 小原営農センター小原営農センター
    飛騨山脈からの豊かな河川により育まれた肥沃な富山平野で、一粒一粒我が子のように丹精込めて育てたお米です。その粘りと芳醇な香り味わいで、皆様の幸せな食卓に上げていただけますよう願っています。
  • 原田ふぁーむ原田ふぁーむ
    大阪のてっぺん、猪名川最上流の能勢町は、水清い盆地。朝晩の気温の差が大きく米、野菜、果物。どれも最高に美味しい物が出来る場所です。ぜひ一度は食べてみてください。
  • 大中農友センター大中農友会
    私達の住む大中は近江盆地のほぼ真ん中で、すぐそばには母なる琵琶湖があり、その豊富な水と太陽の恩恵を受け育った有機コシヒカリです。
  • ビオランドビオランド
    稲作は自然環境の保全に大きな役割をはたしています。また、日本文化の根幹でもあります。それに関わる仕事ができることに感謝しています。
  • うずしおうずしお
    土・水・太陽・自然が1粒のもみ種から100倍のお米を作ります。わずかな人の労力と愛情と時間が必要ではありませんか。

よりおいしいお米づくりのために

お米会議ビオ・マルシェでは年に2回農家の方々と、栽培技術やお客様からいただいたご意見を伝えるための会を開催しています。秋の収穫が終わり、土壌分析・食味検査を行い、反省点を踏まえて次年の栽培はどうするかを農家の方々と一緒に話し合いました。
食味値とは、お米の成分を分析し、数値化したものです。全国の平均値は60~65点。ビオ・マルシェの有機米の平均値は『71点』ですので、とっても美味しいお米に仕上がっています。

わたしたちがお届けするお米はすべて残留放射能検査済みです

NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ※関東地方を含む17都県産の農産物は、事前に残留放射能の検出がないことを確認した品目、産地のものをお届けしています。

①「NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ」によるスクリーニング検査
②農産物の入荷検品の際に放射線量をモニターします。

ご注文に応じて精米するから風味抜群

精米方法

ページの先頭に戻る